ここから本文です

打てば勝ち、抑えられれば負ける― 日ハム打線で存在感増す「打者・大谷」

Full-Count 8月13日(土)11時54分配信

12日の楽天戦で2戦連続無安打に終わった大谷

 日本ハムの大谷翔平投手が12日の楽天戦(コボスタ宮城)で2試合連続無安打に終わった。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

「3番・指名打者」でスタメン出場。同点の9回2死二塁で初対戦の松井裕樹に空振り三振。延長11回2死二塁でも福山に空振り三振に喫した。7回2死でも空振り三振し、4打数3三振。チームは11安打を放ったものの、まさかのブレーキとなった。

 前日の西武戦(札幌ドーム)では4打数無安打に終わり、連続試合出塁が25でストップ。大谷が野手スタメンでノーヒットに終わった試合は11試合となったが、そのチームの勝敗は4連敗中で3勝8敗(勝率.272)だ。

 反対に1安打でも放った試合はチーム26勝13敗1分け(勝率.666)まで跳ね上がる。本塁打を放った試合はチーム10勝3敗1分け(勝率.762)だ。大谷が打てば勝ち、大谷が抑えられたら負ける。打線での大谷への存在感は増していると言えそうだ。

 2連敗を喫したが、首位・ソフトバンクとは3ゲーム差のまま。大谷は13日の楽天戦(コボスタ宮城)も野手スタメンが予想され、この楽天3連戦も野手専念することとなりそうだ。楽天エース・則本からヒットを飛ばし、チームの勝利に貢献したいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月13日(土)12時0分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]