ここから本文です

大会6日目、12歳以下のベスト8が出揃う [全日本ジュニアテニス]

THE TENNIS DAILY 8月13日(土)21時23分配信

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '16 supported by NISSHINBO」(大阪府・靱テニスセンター、江坂テニスセンター/8月8~17日/ハードコート)の大会6日目は、江坂会場で12歳以下の男女シングルス3回戦とダブルス2回戦が行われた。

 全日本ジュニア12歳以下の部は、男女シングルス48ドロー、男女ダブルス24ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Ret.は途中棄権

     ◇   ◇   ◇

<12歳以下>

【男子シングルス3回戦】

○1ジョーンズ怜音(東海/三重GTC)[1] 6-1 6-2 ●8川口敦史(九州/佐世保LTC)[15]

○14中島暁(北信越/エムスタイルTA)6-1 6-2 ●11柴田畝那(関西/Jr.倶楽部 ROSSO)

○17中村健太(関東/志津TC)[3] 6-1 4-6 6-4 ●24伊藤俊太朗(東海/TA-NOBU)[14]

○32森田皐介(関東/一筆TC)[5] 6-3 6-4 ●25原崎朝陽(関西/テニスプラザ尼崎)[12]

○40松岡隼(関東/荏原SSC)[10] 6-7(4) 6-3 1-0 Ret. ●35宮本卓実(九州/シーガイアTA)

○48水口翔瑛(関西/テニスプラザ尼崎)[3] 2-6 6-0 7-6(4) ●41平川朝陽(関東/むさしの村ローンTC)[13]

○49三好健太(関東/シンズあざみ野テニスチーム)[6] 6-3 6-0 ●56岩本晋之介(中国/ツルガハマTC)[9]

○64細川暖生(関東/京王赤城アカデミー)[2] 6-4 7-6(5) ●59丹下颯希(四国/WINNER)

------------------------

【女子シングルス3回戦】

○5虫賀愛央(東海/木曽川LTC)6-4 6-2 ●3田中愛美(関西/TCコ・ス・パ光明池TG)

○16久保結希凪(北信越/津幡ジュニア)[5] 7-6(3) 6-3 ●12宮内汐夏(関東/SSAレニックス)

○17古賀彩花(関東/吉田記念テニス研修センター)[3] 6-2 6-3 ●21豊田桜子(四国/アップデイト)

○28小林杏菜(九州/海の中道M&T)6-4 6-3 ●29砂田未樹(北信越/南砺市TA)

○38小畑コトリ(関西/江坂テニスセンター)6-2 7-5 ●33吉田梨真(東北/ファインTA)[6]

○46光崎澪(東海/h2エリートTA)6-0 6-0 ●44堀江菜実(九州/ドリームTS)

○49駒田光音(東海/TEAM KOMADA)[7] 6-2 6-3 ●56末廣茜(関西/江坂テニスセンター)[12]

○64早重果波(関東/あじさいインドアTS)[2] 6-2 6-1 ●57長谷川晴佳(九州/テニスDIVO)[13]

------------------------

【男子ダブルス2回戦】

○1中村洸/平川朝陽(関東:むさしの村ローンTC)[1] 6-1 1-6 [10-8] ●4水口翔瑛/原崎朝陽(関西:テニスプラザ尼崎)

○5正木康喜/前田優(九州:ラフ)4-6 6-1 [10-5] ●8伊藤俊太朗/村田英夢(東海:TA-NOBU/木曽川LTC岐阜)[8]

○12谷口健人/山門祐輝(関西:ダイヤモンドTC学園前)6-2 6-2 ●9長谷川和也/仁島清嘉(関東:Team REC/狛江インドアジュニアATPチーム)[4]

○16石島丈慈/関口恒(関東:SSAレニックス)[5] 7-5 6-7(4) [10-8] ●13角陽太/松浦諄成(中国:グリーンベアーズ)

○17岩本晋之介/藤高聡真(中国:ツルガハマTC/チェリーTC)[6] 6-4 6-4 ●20村上慈英/中原陽(中国:柳生園TC)

○24ジョーンズ怜音/眞田将吾(東海:三重GTC)[3] 6-0 6-2 ●22松田空/観野凌雅(北海道:テニスパーク/帯広ウイング)

○25中村健太/下澤英士(関東:志津TC/Hills K-Nagatsuka TA)[7] 6-3 6-3 ●28三木琢慈/榊莉央(東海:名経大市邨中/チェリーTC)

○32山内日斗/橋本圭史(関東:フミヤエース市川TA)[2] 6-3 7-6(2) ●29伊藤飛翔/大神照太(九州:筑紫野LTC/北九州ウエストサイドTC)

------------------------

【女子ダブルス2回戦】

○1古賀彩花/小副川莉桜(関東:吉田記念テニス研修センター/オールサムズTC)[1] 6-2 6-1 ●3伊賀上瑛穂/野口愛菜(九州:ラフ/OTC)

○8堀江菜実/小林杏菜(九州:ドリームTS/海の中道M&T)[6] 5-7 6-4 [10-5] ●5砂田未樹/尾山倭子(北信越:南砺市TA)

○9早重果波/内山侑香(関東:あじさいインドアTS/INABA T.S.)[4] 6-2 6-2 ●12島田理恋/松本萌恵(北海道:ウイング)

○14下地美満/友寄愛加理(九州:MジョイTC/サクセスナンバーワン)6-3 3-6 [11-9] ●16阿出川暖乃/土井佳奈実(関東:東京JTTC)[8]

○19虫賀心央/虫賀愛央(東海:木曽川LTC)6-3 2-6 [10-7] ●17繁益春音/南郷結美(関西:パブリックテニス洛西)[7]

○24小畑コトリ/末廣茜(関西:江坂テニスセンター)[3] 6-7(5) 7-5 [10-7] ●21宮川このみ/尾形美侑(北海道:SFC)

○25新竹藍/光崎澪(東海:刈谷テニスパーク/h2エリートTA)[5] 2-6 6-2 [10-6] ●27田中藍衣/豊田桜子(四国:テニスアリーナガーデン/アップデイト)

○32駒田光音/伊藤あおい(東海:TEAM KOMADA/チェリーTC)[2] 7-6(4) 7-6(5) ●29久保結希凪/亀田菜月(北信越:津幡ジュニア)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月13日(土)21時23分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。