ここから本文です

錦織に惜敗モンフィス、腕立て伏せで観客魅了<男子テニス>

tennis365.net 8月13日(土)19時11分配信

リオデジャネイロ・オリンピック

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は12日、テニスの男子シングルス準々決勝が行われ、第6シードのG・モンフィス(フランス)は3本のマッチポイントを握るも、第4シードの錦織圭(日本)に6-7 (4-7), 6-4, 6-7 (6-8)で惜敗し、ベスト4進出とはならなかった。試合中には腕立て伏せをするパフォーマンスで観客を魅了した。

【錦織vsマレー 1ポイント速報】

この試合、モンフィスは第1セットを接戦の末に落とし、第2セットも第1ゲームでブレークを許す苦しい展開を強いられる。

続く第2ゲームでは強烈なリターンを放ちチャンスを迎えるも、ネットにかける凡ミスを犯した。このミスに、モンフィスは反省の意味を込めて腕立て伏せをし、観客からは拍手が送られた。

その後、第2セットを奪い返し、ファイナルセットのタイブレークでも6-3と3本のマッチポイントを握ったモンフィスだったが、痛恨のダブルフォルトをするなどで錦織に5ポイントを連取され、2時間53分で力尽きた。

今シーズン好調のモンフィスは、4月のモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッド クレー、ATP1000)でマスターズ初の決勝進出、7月のシティ・オープン(アメリカ/ワシントン、ハード、ATP500)では約2年半ぶりのツアー優勝を果たす活躍を見せている。

一方、勝利した錦織は準決勝で第2シードのA・マレー(英国)と対戦する。両者は今回が8度目の対戦で、過去は錦織の1勝6敗。

tennis365.net

最終更新:8月13日(土)19時12分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]