ここから本文です

足を使えないGKはもう時代遅れなのか マンCの1番背負う男が開幕戦でベンチに下げられる可能性も

theWORLD(ザ・ワールド) 8月13日(土)16時55分配信

未だにバルサGK狙う

ジョゼップ・グアルディオラの率いるチームにおいてシュートを止められるだけのGKは必要とされていない。足も巧みに使えるスイーパー型GKが求められており、どうやら現在1番を背負うイングランド代表のジョー・ハートはその基準を満たしていないと判断されてしまったようだ。

英『Express』によると、マンチェスター・シティを率いるグアルディオラは開幕戦のサンダーランド戦でハートをスタメンから外す考えを持っているという。

ハートはプレシーズンマッチでも安定感あるパフォーマンスを披露することができず、グアルディオラの信頼を勝ち取ることができなかった。グアルディオラは未だにスイーパー型GKとしてバルセロナのマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン獲得を狙っているようで、マンCの現1番に納得していない。

そのハートにはエヴァートンが興味を示しているようで、構想外となった場合には放出もあり得るかもしれない。

ハートはEURO2016でもウェールズ代表FWガレス・ベイルのフリーキックをしっかりストップできなかったことを批判されるなど、代表戦でも評価を落としていた。グアルディオラはEUROでのパフォーマンスについてはFWラヒーム・スターリングを含め擁護していたが、どうやらクラブに戻ってもハートのパフォーマンスは安定しなかったようだ。

グアルディオラ改革はセンターバックなどあらゆるところで始まっているが、足を使えないハートも粛清の対象となってしまうのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月13日(土)16時55分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]