ここから本文です

絶対王者に異変 今季初6連敗のホークス、苦境の原因と今後の打開策は?

Full-Count 8/13(土) 15:09配信

3年連続日本一目指す王者が苦境に

 絶対的な王者に異変が起きている。日本列島がリオデジャネイロ五輪のメダルラッシュに沸いている8月。プロ野球界では3年連続日本一を目指すソフトバンクが苦しみ、もがいている。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

 8月12日、敵地QVCマリンフィールドで戦ったロッテ戦。相手先発の石川歩の前に、鷹打線は2安打完封負けを喫した。6回途中まで無安打。1死から川島慶三がチーム初安打となる三塁内野安打で出塁。続く中村晃が左前安打を放ったが、二塁にいた川島が打球判断を誤って三塁に進めず。1死二、三塁。柳田悠岐がフルカウントから見逃し三振に倒れると、スタートを切っていた川島が刺され、最悪の三振ゲッツーに終わった。

 この日つかんだチャンスは、唯一この回だけだったと言っていい。それもチグハグな攻撃で好機を逸した。こうなると悪い流れは、好投を続けていた先発の和田毅をも飲み込む。直後、先頭の角中をストレートの四球で歩かせると、4番デスパイネには高めのストレートをバックスクリーンへと運ばれた。「僕の選択ミス。首を振ったことで真っすぐが来ると思われた」。決勝の2ランを浴びた左腕は敗戦の責任を背負い込んだ。

 これで、8月6日の日本ハム戦(ヤフオクD)で黒星を喫してから、今季ワーストとなる6連敗。昨季も6連敗が一度あったものの、これはリーグ優勝を決めた消化試合でのもの。2位の日本ハムが3ゲーム差と迫る勝負の夏場に食らった6連敗とは意味合いが大きく違う。

 苦境の原因は、やはり7月から続く打線の低調ぶりか。8月の10試合を消化して、2桁安打は4日の西武戦(西武プリンス)のみ。3・4月2割5分8厘、5月2割7分3厘、6月2割7分9厘で推移してきた月間チーム打率は7月2割3分2厘、そして、8月は2割2分5厘しかない。実はこれ、リーグ最低の数字である。

オリックス戦ではオーダー変更も…

 選手個々で見ても、当たっている選手がいないのが現状だ。12日に4タコ2三振に終わった柳田は一時3割に乗せた打率が2割9分2厘に下降。開幕から3割を維持し続けていた4番の内川聖一も8月に入って下降戦。ついに3割を切り、打率2割9分6厘まで落ち込んでいる。

 工藤公康監督はじめ、首脳陣も手を変え、品を変え、打線の活性化を図っている。10、11日のオリックス戦(京セラD)では、監督就任以降、3番に置き続けてきた柳田を1番で起用。12日は柳田を3番に戻し、今季初めて中村晃を2番に置いたが、どれも結果には結び付かなかった。

「チャンスを全部モノに出来たら、問題はない。モノに出来ないから、動いていこうと。裏に出れば、ああなる。選手を責めるつもりはない」

「耐えないといけないときもある。結果として出るまで耐えるしかない。その中で動くことは考えます」

 指揮官はロッテ戦後にこう語った。自らに言い聞かせるようにも思えた。

 もともと、能力の秀でた選手が集まっているソフトバンク。鷹打線の中でも、柳田、内川、そして、長谷川勇也、松田宣浩、中村晃と並ぶ打線は看板だったはずである。この軸を中心に、一時30を超える貯金を生み出してきたのである。苦しい今だからこそ、チームの核を信じ、託してもいいのではないか。チーム全体に蔓延する妙な危機感が、先のあり得ないようなミスに繋がっているのでは――。あれこれと動くのではなく、どっしりと腰を据えて、原点に立ち帰るのも選択肢の1つだろう。

 2位の日本ハムも直接対決を終えて以降、1勝3敗。ライバルの“お付き合い”で3ゲーム差にとどまっていることが、せめてもの救いか。苦境をどう打破するか。工藤監督の手腕に注目だ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/13(土) 15:09

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。