ここから本文です

エジル&サンチェスの契約延長交渉については心配するな ヴェンゲル「緊急のものではない」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/13(土) 18:50配信

心配する必要はないとアピール

アーセナルはMFメスト・エジル、FWアレクシス・サンチェスの二大エースとの契約延長交渉が思うように進んでいない。エジルはタイトルを獲得できるクラブでのプレイを希望しており、アーセナルの補強戦略に納得していないのは明らかだ。近いうちにクラブを離れる可能性も噂されており、アーセナルには2人を失う最も恐ろしいシナリオもちらついている。

しかし、指揮官アーセン・ヴェンゲルは契約延長交渉が進んでいないことを不安視していない。英『Daily Mirror』によると、ヴェンゲルはサポーターに対して何も不安に感じる必要はないと語り、契約延長を急いでいないことを強調している。

「我々は常に進展させようとしているが、常にすぐ答えが出るものでもない。彼らは2年間の契約を残しているし、緊急のものではない。サポーターが心配する理由はないよ」

エジルは昨季プレミアリーグで19アシストを記録するなど、チームにとって絶対欠かせない選手だ。サンチェスもアーセナルの攻撃陣の中ではずば抜けた存在であり、最前線でもサイドでも違いを作れるのは大きい。

2人とも2018年までの契約となっているが、アーセナルは彼らを納得させることができるのか。まずはタイトルを狙える実力がチームにあることをヴェンゲルが証明する必要がありそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/13(土) 18:50

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報