ここから本文です

「他クラブは優勝を口にするのを怖がってる」 モウリーニョがリーグ開幕前にお得意の口撃

theWORLD(ザ・ワールド) 8月13日(土)19時20分配信

マンUの強さを誇る

マンチェスター・ユナイテッド指揮官のジョゼ・モウリーニョは、フランス代表MFポール・ポグバを獲得した際にも他クラブにはできないことだとマンUの大きさを誇るような発言をした。

これは1人の選手に多額の資金を投じるマンUの補強戦略を批判したアーセナルのアーセン・ヴェンゲルやリヴァプールのユルゲン・クロップに対する反撃コメントだったわけだが、シーズン開幕を前にモウリーニョが再び他クラブを口撃した。

英『Daily Mirror』によると、モウリーニョはマンUのようなビッグクラブなら優勝を狙うと宣言しなければならないと語り、他クラブは優勝という文字を恐れて口にできないとコメントした。

「マンUのようなクラブはタイトルを争わなければならない。多くのチームが我々と同じことを思っているのだろうが、彼らはそれを口にするのを怖がっている。彼らは口では守備的なゲームを好むんだ。それは我々のやり方ではない。私はマンUはタイトルを獲りたいと言わなければいけないと思う。我々は優勝候補だと感じているからね」

モウリーニョが舌戦から相手を揺さぶりにかかるのは珍しいやり方ではなく、シーズン開幕が近づいてきたことを感じさせられる。モウリーニョは自身のチームに絶対の自信を持っているようだが、これまで何度も舌戦を繰り広げてきたヴェンゲルやレスター・シティのクラウディオ・ラニエリ、そしてマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラらを蹴散らし、宣言通り優勝できるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月13日(土)19時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。