ここから本文です

クロースらが不在でも先発できないレアルの10番はやはり不要か レアルにオファー聞く考えあり

theWORLD(ザ・ワールド) 8月13日(土)20時40分配信

セビージャ戦でもベンチスタート

昨季も指揮官ジネディーヌ・ジダンの下でポジションを確保できなかったレアル・マドリードMFハメス・ロドリゲスは、今夏何度も放出が噂されてきた。ハメス本人はジダンの信頼を勝ち取ることに熱心で、残留を口にし、ジダンもハメスがレアルの選手だと強調していたが、ここへきて状況が変わってきたようだ。

スペイン『as』は、レアルがハメスへのオファーを聞く準備があると報じており、10番はやはりジダンのプランに入っていない。ハメスは先日のUEFAスーパーカップ・セビージャ戦でもベンチスタートで、ハメスを押しのけてインサイドハーフで出場した20歳のマルコ・アセンシオが強烈なミドルシュートを決めるなど印象的なプレイを見せた。

同メディアはこの試合にクリスティアーノ・ロナウド、ガレス・ベイル、トニ・クロースといったキープレイヤーが出場しなかったにも関わらずハメスは先発できなかったと伝えており、ハメスがレアルにとって重要な選手ではなくなっているのは明らかだ。

また、同メディアは延長戦でダニエル・カルバハルが劇的なゴールを決めた際もハメスは冷めていたと伝えており、ハメスのモチベーションも気にかかる。今季はアセンシオが台頭したこともあって中盤のポジション争いも激化しているが、レアルの10番を背負う男は売却した方が得策なのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月13日(土)20時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]