ここから本文です

ウーデゴーの行き先はブンデスでもプレミアでもない? ジダン監督が母国でのプレイを推薦か

theWORLD(ザ・ワールド) 8月13日(土)21時0分配信

レンヌが興味

レアル・マドリードのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーに新たな移籍先が浮上したようだ。

今夏、去就に注目が集まっているウーデゴー。昨年1月にレアル・マドリードへ加入したものの、いまだトップチームに定着することはできず、この移籍市場ではトップリーグでプレイできる環境を探している最中だ。すでにブンデスリーガやプレミアリーグに行くことが濃厚だとみられていたウーデゴーだが、フランス行きの可能性も出てきたとノルウェー『VG』は伝えた。

同紙によれば、トップチームの指揮を執るジネディーヌ・ジダン監督が母国フランスでのプレイを望んでおり、レンヌがその移籍先の候補に挙がったようだ。すでにハンブルガー、レヴァークーゼン、リヴァプールといったクラブが興味を示しているとされているが、ジダン監督としては母国で中心選手として活躍できる環境に行ってもらいたいと考えているのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月13日(土)21時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。