ここから本文です

王者レスター、怒涛の“4トップ”披露もまさかの開幕黒星! 悔しさのあまりバーディも自らを強烈ビンタ

theWORLD(ザ・ワールド) 8/13(土) 22:22配信

岡崎はベンチからのスタートに

2016-17シーズンのイングランドプレミアリーグが13日に開幕し、昨季王者のレスターは敵地でハル・シティと対戦した。

レスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督は、注目の2トップにジェイミー・バーディと新加入のアーメド・ムサをチョイスし、岡崎慎司はベンチスタートに。また退団したエンゴロ・カンテの位置にはアンディ・キングが入った。

試合がキックオフし、2年連続のプレミア制覇に向けて意気込むレスターは、昨季に続き右サイドに入ったマフレズが巧みなステップワークを生かしたドリブルから活路を見出そうと奮闘。さらにスピードスターのムサによる執拗なチェイシングがハルを大いに苦しめる。41分には左サイドから素晴らしい崩しを見せ、ペナルティエリア内へと侵入。ボールはバーディの足下に流れるも、エースのシュートは阻まれゴールならず。イングランド代表FWはこの2分後にもムサからの絶好のパスを棒に振るなど、なかなかツキに恵まれない。シュートを外した後には自らの頬をビンタし、気合いを入れる勇ましい姿がカメラに収められた。するとホームのハル・シティが遂に牙を剥く。46分、コーナーキックからのこぼれ球をアベル・エルナンデスが、昨季の岡崎によるスーパーゴールを彷彿とさせる見事なバイシクルシュートをたたき込み先制。まさかの逆襲を見せたハルが1点をリードし、後半へ折り返す。

セカンドハーフがスタートするやいなや、いきなりハドルストンがレスターの若きアタッカー、グレイをペナルティエリア内で倒してしまい、PKを献上。これをマフレズが冷静に沈め、前半のビハインドを帳消しに。ハルにとっては悔しい後半の立ち上がりとなったが、地の利を生かした彼らの猛攻は止まらない。低調な連携を見せるレスターのチグハグな最終ラインの隙を突くと、右サイドから鋭いクロスを放つ。これをマフレズがクリアするも、そのこぼれ球を10番のスノッドグラスが抑えを効かせシュート。これがネットに突き刺さり、スコアを2-1とする。

ここで我らが岡崎の登場である。グレイに代わってピッチに投入された日本人ストライカーは、さっそく勢いのあるドリブルを見せるなど、バイタリティを披露。一方の快速FWムサは何度か敵陣を切り裂く鋭い突破でハルを脅かすものの、バーディへ過度に気を遣ったプレイが目立ち、なかなか決定的な場面を作れない。すると83分にラニエリはシンプソンに代えてウジョアを投入。バーディにムサ、岡崎、そしてウジョアが揃い踏みの4トップで猛攻を試みるも、プレミア王者は最後までハルを崩せずに1-2で開幕戦を落としてしまった。

彼らの新シーズンは思った以上に険しく、そしてハードなものとなっている。


[メンバー]

ハル・シティ:ヤクポビッチ、ロバートソン、デイビス、リバモア、エル・ムハマディ、メイラー、ハドルストン、クルーカス、アベル・エルナンデス、スノッドグラス、ディオマンデ

レスター:シュマイケル、シンプソン(→ウジョア 83)、モーガン、エルナンデス、フクス、キング(→アマーティ 68)、ドリンクウォーター、グレイ(→岡崎 68)、マフレズ、バーディ、ムサ

[得点者]

ハル・シティ:アベル・エルナンデス(46)、スノッドグラス(57)
レスター:マフレズ(47)

[スコア]

ハル・シティ 2-1 レスター

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/13(土) 22:23

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報