ここから本文です

DeNA筒香がサヨナラ打、SBは連敗ストップ、日ハム高梨初完封…13日のプロ野球

Full-Count 8/13(土) 23:15配信

燕・山中が5勝目、阪神青柳は4勝目、オリ中島4打点

 プロ野球は13日、各地で6試合が行われた。セ・リーグでは、ヤクルトが巨人に競り勝った。2回に西田のソロで先制。4回には鵜久森の遊ゴロの間に1点を加えた。先発・山中は7回にギャレットにソロ本塁打を浴びるも、7回4安打1失点の好投。ルーキ、秋吉が1点のリードを守りきり、2-1で勝利した。山中は5勝目。巨人は大竹寛が5回途中2失点で2敗目を喫した。

2016年 セ・リーグ&パ・リーグ 順位表

 DeNAは主砲の一振りで首位広島を破った。1-1で迎えた延長10回、筒香が値千金のサヨナラ打。劇的勝利でこのカード1勝1敗の五分とした。投手陣は先発・井納が8回4安打1失点と好投すると、田中、須田が無失点でつないで、勝利を呼び込んだ。広島は黒田が7回8安打1失点の力投も、打線が援護できなかった。

 阪神は初回に中日のミスに乗じて2点を先制。5回には北條が2号ソロ、7回には大和がタイムリーツーベースと着実に追加点を奪った。先発・青柳は6回1安打無失点と好投。8回に3番手の藤川が2失点も、その裏に高山がタイムリーを放ち、逃げ切った。青柳は4勝目。中日は10カード連続負け越しとなった。

 パ・リーグでは首位ソフトバンクが連敗を6で止めた。先発の千賀が7回1安打無失点の快投で9勝目。8回はスアレス、9回はサファテと無失点リレーでロッテ打線をほぼ完璧に封じた。打線は6回にロッテ関谷を攻め、内川の負傷交代で4番に入っていた明石が先制タイムリー。吉村も2点タイムリーを放ち、3点を奪った。ロッテはソフトバンクの剛腕リレーの前に1安打完封負けを喫した。

 オリックスは西武に大勝した。1点を追う6回にモレルの押し出し四球で追いつくと、続く中島が走者一掃の3点二塁打。さらに、吉田正、若月のタイムリーも飛び出し、一挙6点を奪った。8回にも中島のタイムリーなどで2点を追加。9回には糸井がソロ本塁打を放ち、締めくくった。ディクソンは9回115球を投げ抜き、5安打1失点の完投勝利で8勝目。西武は十亀が5回まで3安打無失点の好投も6回につかまり、打線も2回に浅村が先制弾を放った後はディクソンの前に沈黙した。

 日本ハムは終盤の得点で楽天に競り勝ち、連敗を2で止めた。先発・高梨が9回3安打無失点でプロ初完封。楽天のエース則本に投げ勝つ大仕事で自身6連勝として7勝目を挙げた。打線は7回まで則本に抑えられたが、8回に田中が2点タイムリーを放ち、均衡を破った。則本は8回8安打2失点、149球の力投も打線の援護がなく、7敗目を喫した。

【セ・リーグ】
◇ヤクルト 2-1 巨人(神宮)
勝 山中(5勝8敗)
敗 大竹寛(4勝2敗)
S 秋吉(3勝4敗12セーブ)
HR【ヤ】西田7号【巨】ギャレット18号

◇DeNA 2x-1 広島(横浜)
勝 須田(4勝3敗)
敗 薮田(1勝1敗)

◇阪神 5-2 中日(京セラドーム)
勝 青柳(4勝2敗)
敗 ジョーダン(5勝5敗)
S マテオ(1勝3敗14セーブ)
HR【神】北條2号

【パ・リーグ】
◇ロッテ 0-3 ソフトバンク(QVCマリン)
勝 千賀(9勝1敗)
敗 関谷(4勝2敗)
S サファテ(0勝5敗)

◇西武 1-9 オリックス(西武プリンス)
勝 ディクソン(8勝8敗)
敗 十亀(3勝5敗)
HR【西】浅村16号【オ】糸井11号

◇楽天 0-2 日本ハム(Koboスタ宮城)
勝 高梨(7勝2敗)
敗 則本(10勝7敗)

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/13(土) 23:18

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]