ここから本文です

6人のストライカー抱えるリヴァプールのクロップ監督「少し充実し過ぎ」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月13日(土)23時0分配信

FWの人員整理へ

リヴァプールは過剰に在籍するストライカーたちのバーゲンセールを実施するつもりなどない。昨年10月よりチームを率いるドイツ人指揮官ユルゲン・クロップがそのように話している。

実に6人ものゴールスコアラーを抱えるリヴァプールはチームの人員整理を図るべく、現時点では“買う”ことよりも“売る”ことに専念する必要がある。クリスタル・パレスから執拗な関心を寄せられるクリスティアン・ベンテケや、イタリア方面からのオファーが伝えられるマリオ・バロテッリなど、他クラブへの売却が噂される選手たちについて、クロップ監督は次のように話している。英『sky SPORTS』が伝えた。

「ベンテケやバロテッリだけじゃなく、それ以外のストライカーも皆本当に素晴らしい。彼らはチャンスというチャンスを絶対に逃さないからね。チームに6人のストライカーがいることは、少し充実し過ぎているよ。でもおかしなことではないさ。我々に多くのFWがいるからといって、他のクラブに選手をプレゼントすると思われているなら、それは大きな勘違いだ。そのようなことは100%あり得ないね。チームはまず最高の形を模索する必要がある。8月31日の期限最終日までなら、私は今の考えを変えることが可能だ。今後に何が起こるか、様子を見てみるつもりさ」

ベンテケとバロテッリはそれぞれ破格の移籍金で連れてきた選手たちだが、現在は売却が既定路線だとされている。クロップが求めるチームの理想型に、彼ら2人の居場所は存在しないのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月13日(土)23時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報