ここから本文です

ツェッペリン伝説ライブ、一夜限定上映

Lmaga.jp 8月13日(土)12時0分配信

1976年10月、ニューヨークで公開されたレッド・ツェッペリンの伝説的ライブ・ドキュメンタリー・フィルム『狂熱のライブ/THE SONG REMAINS THE SAME』(日本公開は翌1977年7月)。その映画の一夜限りの上映が9月14日、東京・大阪・名古屋のZeppで開催される。

公開から40年の時を経て、再上映されるツェッペリンのドキュメンタリー映画。会場は、その名称がツェッペリン(ZEPPELIN)に由来するといわれているライブハウス「Zepp」。ロックファンならずとも知っている名曲『ロックン・ロール』『天国への階段』『胸いっぱいの愛を』ほか、伝説となった1973年のニューヨーク「マジソン・スクエア・ガーデン」でのライブが、3大Zeppの巨大スクリーンで蘇ることに。

会場がライブハウスだけに、大絶叫もOK。通常のライブ鑑賞同様の醍醐味を味わうことができる。リアルタイムのファンはもちろん、未体験のロック好きもぜひ観ておきたい。チケットの一般発売は9月1日から(前売:センター・シート3,900円、一般席2,900円 ※ドリンク代500円別途要)。

最終更新:8月13日(土)12時0分

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。