ここから本文です

舞台『NARUTO』東京公演開幕! “ゲジマユ”ロック・リー参戦で熱血アップ

クランクイン! 8/13(土) 10:00配信

 ライブ・スペクタル『NARUTO‐ナルト‐』の公開ゲネプロが12日、都内にて行われた。初演を上回る特殊演出のほか、新キャラクターとしてロック・リーの参戦など、大阪から始まった同舞台がいよいよ東京で開幕した。

【関連】ライブ・スペクタル『NARUTO‐ナルト‐』公開ゲネプロ<フォトギャラリー>


 ライブ・スペクタル『NARUTO‐ナルト‐』は、累計発行部数が全世界で2億冊を超える、日本を代表する大人気同名マンガが原作。2015年3月~6月にかけて、東京・大阪・宮城・福岡の国内4都市、マカオ、マレーシア、シンガポールの海外3都市で舞台化され、緻密で斬新な演出とまるで漫画から飛び出してきたようなビジュアルで、国内はもとより世界中で新たなNARUTO旋風を巻き起こした。今回、初演から約1年を経て再演となった。
 
 佐藤祐吾演じるロック・リーが初参戦した同舞台。リーといえば…という“ゲジマユ”やおかっぱ頭、熱血漢などが、他のキャラクター同様、見事に再現。また、ナルトとリーの起床から家を出るまでの生活スタイルを、黒子を使いコミカルに演出したシーンなどもあり、新キャラ・リーの見どころも満載。
 
 特殊演出のパワーアップのほか、音楽も一新。初演を観劇したファンも見応え十分なライブ・スペクタル『NARUTO‐ナルト‐』は、8月13日~8月28日までAiiA 2.5 Theater Tokyoにて公演。

最終更新:8/13(土) 10:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]