ここから本文です

ダルビッシュ、7回途中4失点で久々の3勝目 大幅な開始遅延も107球の力投

ベースボールキング 8月13日(土)15時5分配信

○ レンジャーズ 8 - 5 タイガース ●
<現地時間8月12日 グローブライフ・パーク・イン・アーリントン>

 レンジャーズのダルビッシュ有が12日(日本時間13日)、本拠地でタイガース戦に先発登板。復帰後最多の107球を投げ、7回途中5安打5奪三振4失点(自責点2)の内容。打線の援護にも恵まれ、6月3日のマリナーズ戦以来となる3勝目(3敗)を手にした。

 雷雨の影響で試合開始が2時間42分も遅れたこの試合。それでもダルビッシュは1回表を無失点で切り抜けると、その裏に打線が一気に4点を先制した。

 ダルビッシュは2回に1点を返されたが、その後は打線の大量援護にも恵まれ安定した投球。5回からは2イニング連続3者凡退に抑え、前回のアストロズ戦に続き7回もマウンドに上がったが、一死から遊撃手・アンドルスの失策で得点圏に走者を背負ったあと、8番マキャンに初球の甘いカーブを左中間スタンドへ運ばれた。

 二死後は左翼手のマザラが、後方の飛球をグラブに当てながら落球(記録は二塁打)。ダルビッシュは今季最多の107球を投げたが、味方野手の拙守にも足を取られイニング途中で降板。さらに、代わったバーネットが次打者に2ランを浴びたため、結局ダルビッシュは6回2/3回を4失点(自責点2)で防御率を2.77とした。

 それでもこの日は、女房役のルクロイが2本塁打を放つなど打線が計4発。レンジャーズは8回以降もマズい守備を連発したが、リリーフ陣がリードを守った。

BASEBALL KING

最終更新:8月13日(土)15時44分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]