ここから本文です

木更津総合が初戦突破!エース・早川が2安打&12K完封

ベースボールキング 8月13日(土)10時15分配信

第98回 全国高校野球選手権大会
木更津総合 2 - 0 唐津商
<2回戦 8月13日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会7日目を迎えた。第1試合は2季連続出場の木更津総合(千葉)が5年ぶり出場の唐津商(佐賀)と対戦。好投手同士の投げ合いは、木更津総合が2-0で接戦を制した。

 木更津総合は、エース左腕の早川隆久(3年)が立ち上がりから快投を披露。勢いのある速球とキレ味抜群のスライダーを武器に、初回を三者連続三振で斬る好スタートを見せると、2回までに5奪三振を記録。相手にチャンスすら作らせない。

 すると打線は2回、先頭の鳥海嵐万(3年)が内野安打で出塁すると、犠打で送って一死二塁のチャンス。ここで細田悠貴(2年)がライトへ運ぶタイムリーを放ち、1点を先制した。

 さらにつづく井上瑞樹(3年)も安打でチャンスを広げると、ピッチャーの早川がタイムリーを放って追加点。2-0とリードを広げた。


 今日の早川には、この2点で十分だった。

 走者を出しても併殺や牽制でアウトに取り、チャンスの芽を確実に潰していく。三振もペースを落とすことなく、4回以外はすべてのイニングで記録した。

 9回もマウンドに上った早川は、三振2つを奪って三者凡退。9回を115球、2安打、与四死2つで12奪三振の完封。二塁すら踏ませない理想的な投球で、チームを初戦勝利に導いた。


▼ 木更津総合・五島卓道
「守備で耐えて耐えてというチーム。よく守ってしのいだ。ひとつ勝ったので次は打線ものびのびできるでしょう」

▼ 木更津総合・早川隆久
「コントロール重視の投球を意識した。変化球が散らばり、相手が振ってくれたのが良かった。ただ、ストレートが甘かったのは反省点。好投手が多いので、吸収して大会中に成長したい」

BASEBALL KING

最終更新:8月13日(土)10時15分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]