ここから本文です

優勝の立役者がまさかの謝罪!? 「優勝投手」を寸前で逃した“涙のプリンス” 【あの夏のヒーロー】

ベースボールキング 8/13(土) 12:30配信

今でも語り草となっている2009年夏の決勝

 今から7年前、2009年の夏の甲子園――。この時頂点に立ったのが、愛知の中京大中京である。

 1966年以来、実に43年ぶり7度目となる全国制覇。優勝6度で並んでいた広島商を抜き、優勝回数の史上最多記録を樹立した。

 その快挙を、投打の中心として牽引した男がプロ野球界にいる。広島の堂林翔太だ。「エースで4番」として3年の夏に優勝を果たし、これ以上ない夏を過ごしたはずなのだが、男にとっての甲子園は決して“いい思い出”だけではなかった...。

「日本文理の夏は終わらない」――

 5割を超える打率を残し、最終的には大会タイ記録となる6二塁打を放つ堂林を中心に、破壊力抜群の強打で勝ち上がった中京大中京。日本文理(新潟)との決勝戦でも、初回に堂林がで2ランを放って先制。3回に同点とされるも、6回には堂林の2点タイムリーなど5長短打を集め、一気に6点を勝ち越した。

 10-4と中京大中京が6点をリードして迎えた9回表、この日は6回途中でマウンドを降り、ライトを守っていた堂林が試合を締めくくるべく再びマウンドに登る。先頭から二者連続で斬り、かんたんに二死。優勝まであと一人となったが、この後ドラマが待っていた。

 新潟県勢初の決勝進出となった日本文理が驚異的な粘りを見せ、二死から四球と盗塁で招いたピンチにタイムリーを浴びると、続く打者にもスリーベースを浴びてもう1点。10-6とされると、続く打者のファウルグラウンドに上がったフライを三塁手の河合完治が見失い、これがファウルに。堂林は続く打者に死球を与え、再びライトへと回ることになる。

 それでも勢いのついた日本文理打線は止まらない。四球で満塁とし、レフトへのタイムリーで2点。さらに後続もタイムリーで続き、10-9とあっという間の1点差。なおも走者は一三塁に残り、球場中が奇跡の逆転劇に期待を寄せていた。

 ここで続く打者の打球は、快音を残して三塁へ。痛烈な打球に甲子園は沸いたが、ほんの数秒後、打球は三塁手・河合のグラブの中に収まった。

 試合終了。中京大中京が日本文理を振り切り、史上最多7度目の優勝を掴んだ。

1/2ページ

最終更新:8/13(土) 12:46

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]