ここから本文です

ロッテ・関谷、7回3失点も2敗目 「いいピッチングをしても勝てないと意味がない」

ベースボールキング 8月13日(土)19時51分配信

● ロッテ 0 - 3 ソフトバンク ○
<18回戦・QVCマリン>

 ロッテの関谷亮太が7回3失点と好投するも、2敗目を喫した。

 2回に四球と安打で無死一、二塁のピンチを招いたが、福田秀平のバントを投手の関谷が素早く処理。「タム(田村)は一塁の指示だったんですけど、自分の感覚ではいけると思った」と関谷は迷わず三塁へ送球。三塁フォースアウトで一死を奪うと、続く鶴岡慎也を遊併殺に仕留め、0で切り抜けた。

 「立ち上がりから調子は良くなかったが、3回くらいから、なんとなく掴めてきた」。3回以降は、ホークス打線に的を絞らせず。特に4回は3番柳田悠岐から始まる好打順も、柳田を2球目のストレートで遊ゴロ、途中出場の4番・明石健志を2球目のチェンジアップで左飛、5番松田宣浩を初球のスライダーで打ち取り、この回をわずか5球で三者凡退に終えた。

 5回も三者凡退に抑え、6回もテンポよく二死を奪う。しかし、二死から中村晃にセンター前に運ばれ、2回以来となる走者を背負うと、続く柳田に、ショート後方にポトリと落ちるヒットで一、三塁。「(6回は)最低でも1点で止めるべきだった。先に点をやらないようにという思いはあったんですけど、申し訳ないです」。明石にライト前に運ばれ先制を許すと、松田宣浩に死球を与え満塁とピンチが広がり、吉村裕基にセンターへ2点タイムリーを浴び2点を失った。

 関谷は続く7回を投げ終えたところで降板。この日は、7回、5安打、2奪三振、3失点という内容だった。

 試合後、関谷は「7回3失点でこの間も負けて、ああいうところを潜り抜けないと、石川さんや涌井さんのようになれないと落合コーチにも言われている。いいピッチングしても勝てないと意味がない。そういうところを乗り越えないといけない」と反省していた。

BASEBALL KING

最終更新:8月13日(土)20時6分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報