ここから本文です

センバツ覇者・智弁学園が逆転負け…エース村上の力投も実らず

ベースボールキング 8月13日(土)20時1分配信

第98回 高校野球選手権大会
鳴門 5 - 2 智弁学園
<2回戦 8月13日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は大会7日目を迎え、第4試合からは1回戦を勝ち上がった学校同士の対戦カードとなった。

 センバツ王者の智弁学園(奈良)は、5年連続出場の鳴門(徳島)と対戦。息詰まる接戦の末に敗れ、史上8校目の春夏連覇の道が潰えた。


 智弁学園は、センバツの初戦から甲子園で6試合連続完投勝利を挙げているエースの村上頌樹(3年)が先発。先頭打者を空振り三振に仕留めた後、二塁打と四球で走者を出したが、無失点に抑える無難な立ち上がりを見せる。

 すると、打線が早くも初回に援護。初戦で3安打2打点と当たっているトップバッターの納大地(3年)が内野安打で出塁。犠打と四球でチャンスを広げると、5番・高橋直暉(3年)がセンター前に落として先制。続く村上も自ら左中間にタイムリーを放ち、早々に2点のリードを奪った。

 これで勢いづくかと思われたが、2回以降は相手サウスポー・河野竜生(3年)を打ちあぐねていると、5回に同点に追いつかれる。

 2回にファインプレーを見せた二塁手・太田英毅(2年)がゴロを弾く間に二塁走者が生還し1点を献上。その後、暴投で走者が二塁まで進むも、続く打者のファウルフライを納が飛び込んでグラブに収める好守で救い、ここは最少失点で切り抜けた。

 しかし6回、再びエラーが失点に絡む。四球で出た走者を牽制の捕球ミスで二塁に進めると、タイムリーを許して同点。続く7回にも無死三塁とピンチを招いたが、ここでもレフトへの飛球を納が再びダイビングキャッチ。簡単には勝ち越しを許さない。


 ギリギリのところで耐えてきたチームだが、打線が4回以降は河野の前に無安打と封じられ、力投を続けていた村上もついに我慢の限界を迎える。

 9回、先頭打者に二塁打を許し、さらに死球と粘られた末の四球で満塁のピンチを招くと、打ち取った当たりがライト前にポトリと落ちてついに失点。送球エラーも絡んで一気に3点を失い、2-5。春の王者が力尽きた。

 打たれたヒットは8本も、失策が絡むなどツキもなかった智弁学園。センバツから1人で投げ抜いてきた村上の133球の力投は報われなかったが、最後は“スマイル王子”らしく、笑顔で甲子園を去った。


▼ 智弁学園・小坂将商監督
「持っている力は十分出せました。相手の河野君に上手く投げられ、途中から配球パターンも変わって上手く捉えられなかった。初回に2点を取って以降、打たされている感覚があったが、上手く指示が出せなかった。村上は一生懸命投げてくれた」

BASEBALL KING

最終更新:8月13日(土)20時9分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]