ここから本文です

来月、北陸初の婦人服ブランド 香林坊大和、正統派に照準

北國新聞社 8/13(土) 2:41配信

 金沢市の香林坊大和は9月1日、北陸初出店の婦人服ブランド「45R(フォーティーファイブ・アール)」「アルマ・アン・ローズ」を導入する。購入の対象年齢層を特定せず、質のいい素材や丁寧な縫製にこだわった服を通じて、上質な生活に興味がある女性客を幅広く取り込む。

 45Rは、こだわりのブランドが集積する2階に売り場を設ける。婦人服と雑貨を中心に扱う。藍染めを取り入れたりと、服作りにこだわったブランドとして30代以上に支持されており、働く女性が休日に自分を癒やす服としても提案する。

 アルマ・アン・ローズは4階に出店する。世界的デザイナー森英恵さんのブランド「ハナエモリ」が手掛けるシリーズで、さまざまな場面に適した大人に似合う上品なかわいらしさを提案する。香林坊大和が長年得意としてきた「正統派エレガンス」の象徴的ブランドとして投入する。

 平均価格帯は45Rが2万円から、アルマ・アン・ローズは4万円台と、香林坊大和では比較的高めとなる。婦人服担当の河崎仁哉営業第2部長は「普段よりもちょっといいものがほしいという現代女性の期待に対応したい」と話した。

北國新聞社

最終更新:8/13(土) 2:41

北國新聞社