ここから本文です

炎天下、茶屋街散策楽しむ 観光客らサングラス、日傘手に

北國新聞社 8月13日(土)2時46分配信

 12日の石川県内は高気圧に覆われて厳しい暑さが続いた。最高気温は羽咋32・6度、金沢と志賀32・3度など11観測地点のうち9地点で真夏日となった。

 金沢市のひがし茶屋街では、観光客がサングラスを掛けたり、日傘を手にしたりしながら炎天下の散策を楽しんだ。

 県内の各消防局・消防本部によると、12日は金沢、輪島市、津幡町で計3人が熱中症の疑いで救急搬送された。いずれも軽症とみられる。

 JR西日本金沢支社によると、旧盆の帰省客らで12日の北陸新幹線は東京発の「かがやき」と「はくたか」計17本で指定席がほぼ満席となった。大阪発の特急「サンダーバード」6本、名古屋発の特急「しらさぎ」2本で自由席の乗車率が100%を超えた。Uターンのピークは14日の見込み。

北國新聞社

最終更新:8月13日(土)2時46分

北國新聞社