ここから本文です

「この国が大好き」…メッシ、代表引退撤回を表明「すぐに喜びを届けたい」

SOCCER KING 8/13(土) 8:55配信

 アルゼンチンサッカー協会(AFA)は12日、9月に行われるロシア・ワールドカップ南米予選に向けた同国代表メンバー27名を発表。代表引退の意向を表明していたFWリオネル・メッシ(バルセロナ)も名を連ねた。

 メッシはメンバー発表に先駆けて、アルゼンチン代表の公式ツイッターにて声明を発表。自身の心境を明かしている。

 メッシは「あの(コパ・アメリカ)決勝の日の多くのことが頭をよぎった。本気で(代表を)辞めようと思ったけど、自分はこの国とこのユニフォームが本当に大好きなんだ」とコメント。6月26日に行われたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016決勝でチリ代表に敗れたことに言及した。メッシはPK戦でキックを失敗。2大会連続の準優勝に終わり、試合後に代表引退を示唆するコメントを残していた。

 代表引退表明後、メッシの動向はアルゼンチン国内における大きな関心事となった。多くのファンが引退撤回を望み、マウリシオ・マクリ大統領や元同国代表MFのディエゴ・マラドーナ氏らも翻意を求めた。

 そして、メッシは代表引退を撤回することを表明した。同選手は「自分がアルゼンチン(代表)でプレーを続けることを望んでくれた全ての人に感謝したい。彼らにすぐにでも喜びを届けたいと思っているよ」と、感謝の意を示している。

 アルゼンチン代表は9月1日にウルグアイ代表、6日にベネズエラ代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8/13(土) 8:55

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報