ここから本文です

フォルラン、新天地はインドに…ムンバイ・シティと3ヶ月の短期契約

SOCCER KING 8月13日(土)15時8分配信

 元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが、インド・スーパーリーグ(ISL)のムンバイ・シティに入団することが決定した。12日、アメリカメディア『ESPN』が報じている。

 フォルランは昨年7月にセレッソ大阪を退団した後、母国ウルグアイのペニャロールでプレー。チームは昨シーズン優勝し、自身も31試合8ゴールと健闘したが、6月末でクラブを離れていた。所属先を探しているところだったが、新天地はインドに決定したようだ。

 同紙によれば、フォルランはムンバイ・シティと3ヶ月の短期契約を結んだようだ。ISLは今秋に3ヶ月間の短期リーグを予定しており、それに合わせた契約にサインしたようだ。クラブは現在、アラブ首長国連邦でプレシーズンを送っており、ここに合流する見込みだという。

 ムンバイ・シティは2015年シーズン、チェルシーなどで活躍した元フランス代表FWニコラ・アネルカが選手権監督として指揮をとっていたが、全8チーム中6位に終わっていた。

SOCCER KING

最終更新:8月13日(土)15時8分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。