ここから本文です

川崎F、鳥栖に完封負けで第2S首位陥落…小林悠もJ1記録に並べず

ゲキサカ 8月13日(土)21時7分配信

[8.13 J1第2ステージ第8節 鳥栖1-0川崎F ベアスタ]

 年間順位と第2ステージで首位に立つ川崎フロンターレをホームに迎えたサガン鳥栖が1-0で勝利し、第2ステージ4位に順位を上げた。

 前節・G大阪戦で第2ステージ初黒星を喫した鳥栖は前半26分、ロングボールからFW早坂良太が裏に抜け出してPA内から左足シュートを放つ。しかし、惜しくも枠の右に外れてしまう。同35分には、早坂が相手の股を抜くスルーパスを送り、これにFW豊田陽平が反応したが左足シュートはGKチョン・ソンリョンの正面に飛んでしまった。

 対する川崎Fは前半29分、左サイドからMF中村憲剛が上げたクロスをPA右で胸トラップしたFW小林悠が左足シュートもゴール右に外れる。同33分には、得意の細かいパス交換から最後はMF長谷川竜也が右足シュートを放つもGK林彰洋に止められ、お互いに前半はゴールネットを揺らすことができなかった。

 試合は後半開始早々に動く。後半1分、早坂の落としを右サイドで受けたMF金民友がドリブルでゴール前へ斜めに突破。そのまま左足シュートをゴール右隅に流し込み、鳥栖が先制に成功した。

 1点ビハインドの川崎Fは後半6分に、FW大久保嘉人がPA内からシュートを放つなど反撃に出るも、鳥栖の効果的な攻撃に苦しみ、なかなか決定機を作ることができない。同35分には、金民友のクロスからMF福田晃斗に決定的なヘディングシュートを放たれたが、GKチョン・ソンリョンがファインセーブ。何とか追加点は許さず、終盤に突入した。

 しかし、川崎Fは後半39分に途中出場のMF三好康児が金民友を足裏で蹴ったとして一発レッド。1点ビハインドに加えて数的不利となり、厳しい状況となった。試合はそのまま0-1で終了。川崎Fは第2ステージ2位に順位を下げた。また、7試合連続ゴール中の小林悠は、97年から98年にかけてフリオ・サリナス(横浜M)が記録した8試合連続ゴールのJ1記録に並ぶことはできなかった。

最終更新:8月13日(土)21時7分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]