ここから本文です

神戸がFC東京に後半一気の逆転勝利

ゲキサカ 8月13日(土)23時12分配信

[8.13 J1第2ステージ第8節 神戸4-1FC東京 ノエスタ]

 ヴィッセル神戸がホームでFC東京に4-1で勝利した。神戸は2戦ぶりの勝利。ホームでは3連勝となった。FC東京の連勝は2で止まった。

 前半は完全にFC東京のペースだった。左サイドからの崩しを見せると、MF野澤英之から出たスルーパスでMFムリキがエリア内に入ると、クロスボールを入れる。これがファーサイドでフリーになっていたFW前田遼一まで届き、右足で難なく押し込んだ。

 しかし後半に入ると試合の流れが一変する。神戸はMF田中英雄を下げてMF中坂勇哉を投入した後半、一気に反撃に出る。まずは後半11分、右サイドから入ったクロスをFWペドロ・ジュニオールが落とすと、さらにFWレアンドロがワンタッチで落とす。これをMF渡邉千真が右足ミドルを決めて同点に追いつく。

 勢いづく神戸は後半19分、DF橋本和の左クロスをMFニウトンが頭で押し込み逆転に成功。直後の同20分にはレアンドロがヘディングシュートを決めて加点。同29分にはニウトンのカットからペドロ・ジュニオールがドリブルで持ち込み、GKもかわして勝利を決定づける4点目を奪った。

最終更新:8月13日(土)23時12分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。