ここから本文です

NY外為(12日):ドル下落、米統計内容が弱く利上げ観測後退

Bloomberg 8月12日(金)21時50分配信

12日のニューヨーク外国為替市場でドルが下落。米経済統計の内容が予想より弱かったことから、この先数カ月間に米金利が引き上げられるとの見方が後退した。

ドルは対ユーロと対円で下落。米小売売上高が市場予想に反して前月比で横ばいにとどまったほか、生産者物価指数は低下した。市場では年内利上げの確率が42%として織り込まれているが、今週初めには50%に近かった。

シティグループのG10外為戦略のグローバル責任者、スティーブン・イングランダー氏は「2週間前には実質国内総生産(GDP)の発表で『明かりが消えた』と思ったが、米雇用統計の内容を受けて再び明かりがともった。そしてきょう、また消えた」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は約0.1%低下。年初来では4.5%下げた。ドルは対ユーロで0.2%安の1ユーロ=1.1162ドル、対円では0.7%安の1ドル=101円30銭。市場参加者は今月ワイオミング州ジャクソンホールで予定されているイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演に注目している。次回の連邦公開市場委員会(FOMC)声明は9月21日に発表される。

原題:Dollar Falls to Post-Brexit Low as Economic Data Curb Fed Bets(抜粋)

相場を更新し、最終段落を加えます。.

Rebecca Spalding, Susanne Barton

最終更新:8月13日(土)6時38分

Bloomberg