ここから本文です

ソロス・ファンドがCIO候補探す、バーディック氏退任で-関係者

Bloomberg 8月13日(土)8時37分配信

富豪ジョージ・ソロス氏の一族資産を管理する250億ドル(約2兆5300億円)規模のファミリーオフィス、ソロス・ファンド・マネジメントの最高投資責任者(CIO)、テッド・バーディック氏が就任から1年たたずに同職を辞する。

バーディック氏は1月のCIO就任前はディストレスト債・裁定取引グループの責任者だった。事情に詳しい関係者は、同氏は後任が見つかるまでCIOにとどまり、その後はソロス・ファンドでクレジットポートフォリオの運用に戻ると説明している。

非公開情報だとして関係者の1人が匿名を条件に述べたところによれば、ソロス・ファンドはマクロ経済投資の経験を持つCIO候補を探している。ソロス・ファンド広報のマイケル・バチョン氏はコメントを控えた。

原題:Soros Said to Seek CIO as Burdick Steps Down After Eight Months(抜粋)

Katherine Burton, Katia Porzecanski

最終更新:8月13日(土)8時37分

Bloomberg