ここから本文です

【UFC】ロズウェル負傷欠場、前王者ファブリシオの相手はブラウンに

イーファイト 8/14(日) 11:29配信

 9月10日(土・現地時間)アメリカ・オハイオ州クリーブランドのクイックン・ローンズ・アリーナにて開催されるMMA(総合格闘技)イベント『UFC 203』の対戦カード変更が発表された。

【フォト】ヘビー級タイトルマッチに挑むアリスター・オーフレイム

 セミファイナルで前UFCヘビー級王者ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)と対戦予定であった同級5位ベン・ロズウェル(アメリカ)が、ヒザの負傷により大会を欠場。代わって同級7位トラヴィス・ブラウン(同)が出場することに。

 ブラウンはプロデビューからわずか1年の2010年からUFCに参戦。202cmの長身から繰り出すムエタイ仕込みの強打を武器に、アリスター・オーフレイムをパウンド、ジョシュ・バーネットをヒジ打ちにより1RでKOした実力を持つ。これまでに23戦18勝4敗1分のMMA戦績を収めており、勝ち星のうち14勝が打撃によるKO・TKO勝ちだ。

 ブラウンとファブリシオは2014年4月に一度対戦しており、この時はファブリシオが判定勝ちを収めた。この白星でタイトル挑戦権を獲得したファブリシオは、同年11月にマーク・ハントとのヘビー級暫定王座決定戦でTKO勝ち。そして迎えた昨年6月のケイン・ヴェラスケスとの王座統一戦で一本勝ちを収め、第18代UFCヘビー級王者となった。しかし、5月に母国ブラジルで挑んだ初防衛戦で、スティペ・ミオシッチに初回KO負けを喫し、王座から陥落。今回は再起戦となる。

 同大会のメインイベントでは、新王者ミオシッチがオーフレイムを挑戦者に迎えて初防衛戦を行う。ファブリシオがブラウンを下し、再び王座に向けて歩を進めるか。それともブラウンが前王者を退け、トップ戦線で存在を示すことになるのか。

 なお、ロズウェルの怪我については、ヒザの半月板と前十字靭帯の損傷と現地メディアが伝えている。

最終更新:8/14(日) 18:46

イーファイト