ここから本文です

囚人&看守による獄中アニメ「ナンバカ」に豊永利行、小林ゆう、細谷佳正ら出演決定

映画.com 8月14日(日)8時0分配信

 [映画.com ニュース] 今秋から放送を開始するテレビアニメ「ナンバカ」に、「デュラララ!!」の豊永利行をはじめとした6人の声優が新たに参加することがわかった。さらに、主人公・囚人番号15番(通称ジューゴ)たちが脱獄をはかり、大きな塀を飛び越えた瞬間を描いたメインビジュアル第2弾も公開されている。

 同作は、スマートコミック&ノベルサービス「comico」で連載中の双又翔氏によるハイテンションコメディ漫画をアニメ化するもの。世界最大の刑務所「南波刑務所」を舞台に、ジューゴや囚人番号11番(通称ウノ)ら、クセ者ぞろいの囚人と看守たちの姿を描く。

 豊永は囚人番号99番(通称九十九)役を務め、2番(通称リャン)は「スカーレッドライダーゼクス」の藤原祐規、58番(通称ウパ)役は「昭和元禄落語心中」の小林ゆう、634番(通称ムサシ)役は「アルスラーン戦記」の細谷佳正が担当する。このほか、71番(通称チィー)役には大河元気、3番(通称トロワ)役には安達勇人、82番(通称ハニー)役には光富崇雄、看守部長・双六一の双六仁志役には筆村栄心が選ばれた。

 豊永は出演に際して「忍びの人間として、精一杯忍びたい。かつ、役者としての彼の人生を二重に演じられるので楽しみ」と意気込みを語っている。また、小林は「ウパは天才気功師で、とても魅力的な方です。チィーとの関係が絶妙なので注目してほしいです。ニコと出会うことで、いい意味で普段の調子を崩され、かわいらしい表情を見せてくれるところもステキですね」、細谷は「群像劇や集団にスポットが当たることが比較的多い作品のなか、『当番回』もあるとのことでお楽しみに」と見どころを話している。

最終更新:8月14日(日)8時0分

映画.com