ここから本文です

<リオ五輪速報>男子100mで飛鳥、山縣が準決勝進出 桐生は敗退

THE PAGE 8月14日(日)1時13分配信

 陸上の男子100m予選が13日(日本時間14日)現地で行われ、3人のスプリンターが出場した日本勢からは、ケンブリッジ飛鳥(23、ドーム)、山縣亮太(24、セイコー)の2人が準決勝進出を果たした。10秒01の自己ベストを持つ桐生祥秀(20、東洋大)は、9秒58の世界記録保持者ウサイン・ボルト(29、ジャマイカ)と同組になったが10秒23で4位に終わり予選敗退となった。

 4組で大外の9レーンで登場したケンブリッジは、スタートは遅れたが、後半に大きく伸びて10秒13で2位に入った。
「イメージ通りのいい走りができた、最高。楽しめて走れている。準決勝、次が勝負。ファイナルにむけて9秒台出さないと厳しい。そこを目標にしてやっていきたい」とレース後のコメント。

 7組では、6レーンのボルトに対して桐生が大外の9レーン。スタジアムがボルトの登場に大きな歓声を挙げて異常な雰囲気となる中、桐生は50m過ぎまで踏ん張ったが、ラストを伸ばすことができずに10秒23で4位。足の故障回復が心配されているボルトは、中盤からは流して10秒07の1位で予選を抜けた。

 レース後、桐生は、「走りはうまくできた。悔いはないと思います。ボルトがいることで雰囲気が違うが、自分の走りをしたいと思った。4年前にはオリンピックに出れるなんて思っていなかった。なのに4年でこれだけ成長した。次の東京まで、さらに成長したいと思います」と、サバサバとした表情で予選敗退を語った。

 最終組に登場した山縣は、向い風、1.3メートルの厳しいコンディションに変わったが、最高のスタートを切り、終盤までレースをリード。ラストでアカニ・シンビネ(南ア)にかわされたが、10秒20で2位に入って準決勝進出を決めた。

「とにかく前だけを見て走ろうと思った。途中、崩れたかなという場面もあったが、全体として悪くなかった。(スタートのやりなおしがあったが)何があるかわからないのが本番。そういうことを頭にいれて、いつでもいいスタートができるように準備していた。最終組も気にしないように心がけて自分のレースをしようと思った。この雰囲気は、4年に一度しか味わえないものです」と、山縣のレース後のコメント。表情にも余裕があった。準決勝は、日本時間15日、午前9時頃から行われる。
   

最終更新:8月14日(日)7時31分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]