ここから本文です

<全米シニアOP>崎山武志は27位タイに後退、M・A・ヒメネスが優勝に王手

ゴルフ情報ALBA.Net 8月14日(日)6時8分配信

<全米シニアオープン選手権 3日目◇13日◇サイオトカントリークラブ(7,129ヤード・パー70)>

 米国オハイオ州のサイオトカントリークラブで開催されている『全米シニアオープン選手権』3日目が終了。前日、23位タイに後退した崎山武志は、この日も4バーディ・6ボギー・1ダブルボギーの4オーバー・74とふるわず、通算7オーバーの27位タイとさらに順位を下げた。

 また、予選を通過したもう一人の日本人選手・室田淳も、1バーディ・7ボギー・1トリプルボギーの79。通算16オーバーの62位と浮上のきっかけをつかめずにいる。

 上位争いだが、厳しいコンディションの中で4バーディ・3ボギーと堅実なゴルフを見せたミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)が、通算3アンダーで首位に浮上。1打差の2位に、前日3位のジーン・ソアーズ(アメリカ)。前日首位のジョーイ・シンドラー(アメリカ)は77と大きくスコアを崩し、通算2オーバーの6位タイに後退した。

【3日目の順位】
1位:ミゲル・アンヘル・ヒメネス(-3)
2位:ジーン・ソアーズ(-2)
3位T:イアン・ウーズナム(+1)
3位T:ローレン・ロバーツ(+1)
3位T:ビリー・メイフェア(+1)

27位T:崎山武志(+7)
62位:室田淳(+16)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月14日(日)6時8分

ゴルフ情報ALBA.Net