ここから本文です

片山晋呉はインコースに苦戦 下位に沈む

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月14日(日)4時48分配信

リオデジャネイロ五輪・男子ゴルフの3日目、7時半スタートの第1組でティオフした片山晋呉は「77」(パー71)とスコアを落として通算13オーバー。58位から最下位の59位へと順位を下げた。

コースにはカピバラも!リオ五輪のフォトギャラリー

予選落ちのない4日間。片山がスタートティに行ってみると、2日目を終えて通算12オーバーで最下位にいた林文堂(台湾)がスタート前に病気のために棄権していた。「早くていいなと思ったけど」という片山だったが、メダルの見えない下位からのスタートでは、集中力とモチベーションを高めることは容易ではなかっただろう。

ジュリアン・クエン(フランス)と2サムでのラウンドとなり、この日も苦手とするインコースで11番のトリプルボギーを含む6オーバーと大苦戦。3日間合計でアウトはイーブンパーなのに対し、インで13オーバーとすべてのオーバーパーを叩き出している計算だ。

「(インは距離が)長いしね。ずっとうまくいかないよね」と肩を落とした片山。「一生懸命やろうとしても気持ちが入っていかない。その中で、やらなきゃいけない難しさもある」と、複雑な思いも吐露した。(ブラジル・リオデジャネイロ/今岡涼太)

最終更新:8月15日(月)5時38分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)