ここから本文です

離婚を考え直した予定外の第3子がついに誕生

シネマトゥデイ 8月14日(日)5時30分配信

 離婚を取りやめた米女優のミーガン・フォックスとブライアン・オースティン・グリーンに8月4日(現地時間)、第3子が誕生したと E! News が報じた。

【写真】ミーガン・フォックス出演『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』

 赤ちゃんは男の子で、ジャーニー・リバー・グリーンと名付けられたそう。ミーガンは昨夏、交際11年、結婚して5年になる夫ブライアンとの離婚を申請。二人には3歳の息子ノアと2歳の息子ボディがいるが、ミーガンが予定外だった第3子を妊娠したことで復縁し、離婚申請も撤回したと伝えられている。

 二人は今年4月に家族旅行でハワイを訪れた際、子供たちには離婚家庭で成長してほしくないため、どうすればうまくいくかを話し合い、離婚を考え直したと情報筋はPeople.comに語っていた。

 ブライアンは今年7月、第2シーズンからレギュラー入りが決まっていた米テレビドラマ「ローズウッド ~マイアミ私立検視ラボ」の第1エピソード撮影中に、「役に合っていない」との理由で降板している。次の仕事は報じられていないため、しばらくはパパ業に専念できそうだ。(澤田理沙)

最終更新:8月14日(日)5時30分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。