ここから本文です

台湾証券取引所、12社が“責任ある機関投資家の諸原則”導入に調印

中央社フォーカス台湾 8月14日(日)15時29分配信

(台北 14日 中央社)台湾証券取引所は10日、今年6月30日に公表した台湾版“責任ある機関投資家の諸原則(スチュワードシップ・コード)”について、すでに12社が導入に調印したと明かした。

同取引所は、コーポレートガバナンスの強化が実現でき、柔軟な運用が可能となるばかりか、他国とのスチュワードシップ・コードに抵触しないとしてメリットを強調。台湾に38社ある機関投資家のうち半数以上の導入を目指す方針。

同取引所では今年行われた株取引の46.7%が法人によるものだとし、機関投資家の重要性が高まっているとしている。

(田裕斌/編集:齊藤啓介)

最終更新:8月14日(日)15時29分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。