ここから本文です

エピカリスが人気に応え6馬身差圧勝/新潟新馬

netkeiba.com 8/14(日) 13:15配信

 14日、新潟競馬場6Rで行われた新馬戦(2歳・ダ1800m・14頭)は、先手を取ったC.ルメール騎手騎乗の1番人気エピカリス(牡2、美浦・萩原清厩舎)が、そのまま直線に入って後続を突き放し、2着の8番人気フェニックスマーク(牡2、美浦・田島俊明厩舎)に6馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分54秒4(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に2番人気トレンドライン(牡2、美浦・金成貴史厩舎)が入った。なお、3番人気リゾネーター(牡2、美浦・牧光二厩舎)はトレンドラインから10馬身離れた4着に終わった。

 勝ったエピカリスは、父ゴールドアリュール、母スターペスミツコ、その父カーネギーという血統。半兄メイショウナルト(父ハーツクライ)は2013年の小倉記念、2014年の七夕賞と重賞2勝を挙げている。

【勝ち馬プロフィール】
◆エピカリス(牡2)
騎手:C.ルメール
厩舎:美浦・萩原清
父:ゴールドアリュール
母:スターペスミツコ
母父:カーネギー
馬主:キャロットファーム
生産者:鎌田正嗣

最終更新:8/14(日) 13:15

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ