ここから本文です

SMAP解散で懸念されるファンの自殺

リアルライブ 8/14(日) 10:43配信

 14日、国民的アイドルグループ・SMAPの年内解散が正式に発表された。日本国中に大きな衝撃が走っている中、懸念されるのが“ファンの自殺”だ。

 「SMAP解散」のニュースが各メディアで報じられると、ネット上では「自殺する人がいないことを祈るのみ」、「自殺する奴ら出そうだな」、「自殺する人いそう」、「ファンが数人自殺しちゃうと思います」などとファンの自殺を心配する声が数多く上がっている。

 実際に、ネット上ではファンによる「SMAP解散死にたい」、「もう死にたい」、「殺してくれ」、「マジ死ぬ」などのコメントが急増している。

 アイドルグループ、バンドなどの解散によって、これまでもファンがショックを受け、自殺するケースがあった。過去には、フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」内で結成された音楽ユニット・野猿が解散した際に、女子高生2人が飛び降り自殺。野猿解散が直接の原因だったかはハッキリしていないが、2人は「野猿が解散するならどうなってもいい」などと自殺する前に友人に話していたという。

 ファンの想いは強い。1月にSMAPの「解散&分裂」騒動が明るみになった際には、SMAPの解散を阻止すべくファンが、SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」の購買運動を展開し、エールを送り続けた。

 今回の「SMAP解散」に、ファンは相当ショックを受けているだろう。想いが強いだけに、最悪の事態も懸念されるが、命を絶つということだけは絶対にしてはならない。

最終更新:8/15(月) 14:13

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]