ここから本文です

飲み会続きでも怖くない! 夏太りを防ぐ賢い食べ方とは?

ZUU online 8/14(日) 6:10配信

気温が高く湿気でジメジメとしてしまう、日本の夏。自然と着るものは薄着になり、海やプールなどのレジャー施設で水着を着る機会も増えてきます。この季節は汗をかき、食欲も減退することから、痩せるイメージが強いかもしれません。しかし、実は「夏太り」をしてしまう恐れがあるのです。

せっかくの夏を楽しく過ごすためにも、夏太りしないための食事法やアルコールの飲み方などをしっかりとチェックしましょう。

■汗をかいて食欲も落ちたのに……夏太りするのはなぜ?

外に出ると、照りつけるような日差しとむせ返るような湿気で、じっとしているだけでもとどまることなく汗が噴き出してきます。暑さの影響で食欲も落ち、食事量が減ったり内容が簡単なものになったりすることも多いでしょう。

一見、大量の汗をかき食欲が減退することで体重の減少や体脂肪の減少につながるような気もしますが、実はそうでもないのです。夏は体温が高くなる傾向が強く、体内のエネルギーを燃焼させる効率が低くなります。これは基礎代謝が落ちていることを意味しているのです。

さらに、暑さのせいで外出するのが億劫になり、室内でじっとしてしまいます。これではカロリー消費が増えるはずがありません。夏は汗をかく場面も多くなるのですが、カロリーを消費するチャンスはそれ以上に少なくなってしまう可能性があるのです。

■夏太りを予防するための食事法

夏太りしてしまう最大の食事要因は、食欲が減ることで麺類やパン類、アイスクリームなどの糖質を余計に摂取してしまうためです。いわゆる炭水化物は、少ない量であってもカロリーは高いものばかり。しかも栄養バランスが偏るため、太る要因が満載という結果になります。

このようなマイナス状態を防ぐには、タンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含む“バランスの良い食事”を実践することが最も大切な要素となるのです。調理法によっては、夏に合う肉や魚、野菜、フルーツなどを上手に組み合わせて作るおいしいレシピがたくさんあります。

いつもの炭水化物に、栄養バランスの良い食材を1つ以上プラスすることから始めるだけでも、まったく違った体内環境を作り出せるきっかけになるかもしれません。

■夏に欠かせないビールを太らないように飲む方法

蒸し暑い夏の夜には、のどごしがスッキリとしたビールが欠かせません。暑さで疲れきった仕事の後は、ビールで体と心を癒す方も多いのではないでしょうか。夏についつい飲み過ぎてしまうビール、夏太りの大きな要因になっていることをご存知ですか?

ビールは意外と高カロリーで、他のお酒と比べても飲みやすい分、カロリーが加算されていく確率が高いとも言われています。さらに、ビールに合う「おつまみ」の存在も実は見逃すことができません。ビールに合う美味しいおつまみの食べ過ぎも、カロリー過多の原因になっているのです。

まず夏にビールを飲むときは、少量をコップに注ぐか、小ジョッキでゆっくり飲むことがカロリー過多を防ぐ一つの予防策と言えます。一緒に注文するおつまみも、鶏のササミやムネ、内臓類、枝豆や豆腐物、野菜など低カロリーで太りにくいものにすると夏太りの予防に効果的です。

■夏やせの敵はリバウンド! 食事の質に要注意

夏の厳しい暑さが原因で食欲が減退し、一時的に体重が減ってしまうという人も多いでしょう。特に女性は体質的に夏が苦手という人も多く、この傾向が強いかもしれません。体重が減るので一見すると良い傾向のように感じるのですが、夏やせをしてしまうとじつは秋口にリバウンドしてしまう可能性が高いとも言われているのです。

夏やせしている時に注意しなければいけないのが、やはり食事の栄養バランスです。食欲がないときは、どうしても冷たい麺類だけで済ませてしまうことも多いかもしれません。この状態だとタンパク質などの栄養が足りず、筋肉がやせ細っていくことになるのです。

秋口に食欲が戻り、体重も戻ったときには脂肪を燃焼してくれるはずの筋肉がありません。体重は夏の前と変わらないのに体脂肪は増えてしまうという結果になってしまいます。

夏の間、食欲がないときでも出来るだけタンパク質やビタミン・ミネラルなどが多く含まれる食材を食べるようにしましょう。たとえ少量しか食べられないとしても、栄養バランスが良ければリバウンドしにくい体質づくりは可能な場合があります。

夏は体調が変化しやすい季節です。一年を通した、健康的で美しい体づくりを意識するポイントとも言えます。体の基礎となる「食」を大切にし、夏こそ心と体の状態を向上させる「チャンスの季節」にしましょう。(提供:ヘルスグリッドオンライン)

最終更新:8/14(日) 6:10

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。