ここから本文です

7番人気の伏兵リッカルドがV 連勝で重賞初制覇/エルムS

netkeiba.com 8月14日(日)15時30分配信

 14日、札幌競馬場で行われたエルムS(3歳上・GIII・ダ1700m)は、中団でレースを進め、3~4コーナーで先団に取りついた黛弘人騎手騎乗の7番人気リッカルド(セ5、美浦・黒岩陽一厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、2番手追走からゴール前で差を詰めてきた4番人気クリノスターオー(牡6、栗東・高橋義忠厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分43秒5(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に1番人気モンドクラッセ(牡5、美浦・清水英克厩舎)が入った。なお、3番人気ロワジャルダン(牡5、美浦・戸田博文厩舎)は4着、2番人気ジェベルムーサ(牡6、美浦・大竹正博厩舎)は7着に終わった。

 勝ったリッカルドは、父フサイチリシャール、母キョウエイハツラツ、その父オペラハウスという血統。前走の安達太良S(1600万下)に続く連勝で、初めての重賞制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
◆リッカルド(セ5)
騎手:黛弘人
厩舎:美浦・黒岩陽一
父:フサイチリシャール
母:キョウエイハツラツ
母父:オペラハウス
馬主:岡田牧雄
生産者:岡田スタッド
通算成績:24戦6勝(重賞1勝)

最終更新:8月14日(日)15時48分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ