ここから本文です

【NFL】故障者続出のビルズ、今度はDEエネムパリが残りのプレシーズン欠場

NFL JAPAN 8月14日(日)15時14分配信

 バッファロー・ビルズは、現地13日に開催されたインディアナポリス・コルツとのプレシーズン初戦でひざを負傷したディフェンスエンド(DE)イケメファナ・エネムパリが、残りのプレシーズンを欠場すると発表した。

 エネムパリは前半戦でパスラッシュを試みた際に、右足を変な方向にひねったもよう。そのままカートで運ばれてフィールドを後にした。レックス・ライアンHCは、ハーフタイムで「深刻である」とケガの状態について明かした。

 ニューヨーク・ジェッツに所属していたエネムパリは昨年8月、口論の末に同僚クォーターバック(QB)ジーノ・スミスにあご骨折のケガを負わせて放出された。その後すぐにビルズと契約した。

 ビルズでは新人ラインバッカー(LB)レジー・ラグランドが前十字じん帯断裂で今季絶望となる見込み。また、オフに肩の手術を受けたDEシャック・ローソンも復帰の目途が立っていない状況となっている。

<バッファロー・ビルズ>

最終更新:8月14日(日)15時14分

NFL JAPAN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。