ここから本文です

「MAMAMOO」、初コンサートで公演型ガールズグループであることを証明

WoW!Korea 8/14(日) 18:45配信

 ボーイズグループのコンサートには若い女性ファンが大部分だ。反対にガールズグループのコンサートには、おじさんファンが半分以上だ。ところが、その偏見を壊したグループがいる。ガールズグループのようでガールズグループではない「MAMAMOO」だ。

MAMAMOOのプロフィールと写真

 13日と14日の2日間、ソウル・オリンピック公園オリンピックホールで、「MAMAMOO」の初単独コンサート「2016 MOOSICAL」が開催された。2014年にデビューし、いつの間にかブレイクした「MAMAMOO」だからこそ可能なこと。そのうえ、3000席規模で2日間、約6000人と触れ合った。

 目を引いたのは、会場には老若男女、さまざまなファン層が客席を埋め尽くしていたこと。ペンライトを持つ男子学生から少女ファンにカップル、ファミリーまでさまざまなファンがMAMAMOOと会うため、会場に詰めかけた。

 ファンの男女比は5:5だった。これまで「Mr. Ambiguous」「Piano Man」「Um Oh Ah Yeh」「Girl Crush」「You're the best」などの活動を通して、女性ファンを増やすことに成功したが、これをコンサートでも証明した。

 コンサートのステージも多彩だった。ヒット曲メドレーはもちろん、ソロステージも繰り広げられた。ムンビョルはヒップホップを、フィインは自ら作った曲を、ソラはデビュー前から歌っていたポップソングを、ファサはセクシーなパフォーマンスで観客を魅了した。

 2時間を超える公演で、「MAMAMOO」の4人は23曲を熱唱。番組でもステージで遊ぶことを知っているメンバーたちだったので、コンサートではさらにノリノリで弾けまくった。

 公演の最後、ファンからのコンサート開催祝福映像が公開された。国内外のファン、老若男女が初コンサートを開催した「MAMAMOO」にお祝いメッセージを送った。メンバーはカメラを持ち、客席のファンを目と胸に刻み込んだ。
初コンサートから「MAMAMOO」は公演型ガールズグループであることを証明。信じて楽しむことができるコンサートを誕生させた。

最終更新:8/14(日) 18:45

WoW!Korea

なぜ今? 首相主導の働き方改革