ここから本文です

米津玄師、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016』にて新曲「LOSER」初披露

M-ON!Press(エムオンプレス) 8月14日(日)23時19分配信

米津玄師が、8月14日、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016』最終日LAKE STAGEの大トリを飾った。今年も4日間にわたり繰り広げられた灼熱のステージたちを締めくくるように、19時に近いスタートとなった米津玄師のステージもまた、狂騒のパフォーマンスとなった。

【詳細】他の写真はこちら

毎公演プレミアムチケットとなり、そのパフォーマンスを観る機会が極めて少ない米津玄師のライブをひと目見ようと、LAKE STAGEに駆け付けた1万人を超えるオーディエンス。会場の外まで人が囲む異様なムードに。

バンドメンバーを率いて米津玄師が登場すると、会場は大きな盛り上がりをみせた。この日、最初に響かせたのは「アンビリーバーズ」。冒頭からエモーショナルに叩き出されるリズムの波と、肉感的な演奏・ボーカルでオーディエンスは沸き上がる。夜に変わる直前のひたちなかの夕焼けと、ステージの照明が独特の陶酔感を生み出す中、2曲目に披露されたのは初期の代表作「ゴーゴー幽霊船」。タイトなリズムにあわせ1万人が踊る最終日、大トリのLAKE STAGEはまさに圧巻と言わざるを得ない風景に。

「4日間あるこのフェスの最終日、最後のアクトに選んでもらえて光栄です、ありがとう」と米津。今年初頭に実施した充実のツアー『米津玄師 2016 TOUR / 音楽隊』を成功させ、ライブ表現の幅が日に日に増す米津バンドが続いて披露した「メランコリーキッチン」では、メンバーそれぞれが楽しげに奏で出す音と、会場の空気が混然一体となりフィールドは大歓声に包まれた。前作アルバム『Bremen』のラストトラックでもあるミッドバラード「Blue Jasmine」を朗々と歌い上げ、「アイネクライネ」を歌いだした瞬間、会場のテンションが最高潮に。大合唱に包まれたひたちなかの大地を抱きしめるような米津の優しいメロディに会場は酔いしれた。

「18のときに初めてFESに行って、楽しいなと思うと同時に、照明に照らされたステージを他人事に感じた。俺みたいな負け犬には決して関係のないことだと。それを今日は反対に自分がそのステージに立って、それを観に来てくれた人がいる。それが本当に奇跡のようでうれしいです」というメッセージのあとに、この日初披露されたのは、約1年ぶりにリリースが告知されているシングルより「LOSER」。

様々なシーンを表現してきた米津玄師にとって、“リズムミュージック”にフォーカスを当てて形成された本楽曲。その表情、描写、それに対してフックとなる印象的なリズムトラックが躍動し、かつ温度を感じるメロディ表現に耳を奪われる。米津玄師が開けたあらたな扉の先に広がる「これから」に、さらなる期待が高まる名曲の誕生の場に立ち会ったオーディエンスは、この日いちばんの盛り上がりを見せた。

ハチ名義で発表され熱烈な支持者も多い「パンダヒーロー」、さらに「ドーナツホール」と、ラスト2曲を4日間の狂騒を忘れるなよとばかりに演奏しあげ、本編を締めくくった。

ステージを下りてからも観客の熱量は収まらず、大歓声のアンコールに応えるように夜空に満天の花火が咲いたあとに登場した米津は、「最後にもう一曲だけ、このFESの幕引きにふさわしい一曲を」と語りかけ、「ホープランド」を披露。“いつでもここにおいで”と歌うこの曲を最後に、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016』最終日、LAKE STAGEの大トリを見事に務め切った。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016
2016年8月14日(日)LAKE STAGE セットリスト
1. アンビリーバーズ
2. ゴーゴー幽霊船
3. メランコリーキッチン
4. Blue Jasmine
5. アイネクライネ
6. LOSER
7. パンダヒーロー
8. ドーナツホール
EN. ホープランド

リリース情報
2016.09.28 ON SALE
SINGLE「LOSER / ナンバーナイン」

ライブ情報
米津玄師 2016 TOUR / はうる
11/23(水・祝) 東京・豊洲PIT
11/28(月) 愛知・Zepp Nagoya
11/29(火) 大阪・Zepp Namba
12/02(金) 宮城・仙台PIT
12/08(木) 東京・Zepp Tokyo

米津玄師 OFFICIAL WEBSITE
http://reissuerecords.net/

最終更新:8月14日(日)23時19分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。