ここから本文です

【トヨタ オーリス ハイブリッド】CVTにMTフィールを求める…ラバーバンドではない

レスポンス 8月14日(日)12時45分配信

トヨタ『オーリス』をはじめ多くの日本車がCVTを搭載しているが、欧州車ではほとんど存在していないのが現状だ。その理由は“ラバーバンドフィーリング”にあるという。

[関連写真]

そう話すのは、トヨタ製品企画本部ZEプロフェッショナル・パートナーの天野和彦氏だ。このラバーバンドフィーリングとは、CVTにありがちな、アクセルを踏んで加速をしようとすると、まずエンジン回転が上がり、あとから加速が始まるイメージを指す言葉だ。欧州ではマニュアルのようなリニアさが求められることから、採用が減っているという。

しかし、「トヨタとしては燃費を考えるとCVTだ」と天野氏。そこで、「トヨタとしてはいかに自然に感じさせるかがポイントになる」という。

更に、その自然さでいえば、「ハイブリッドであることも感じさせないことが重要だ。例えば回生ブレーキのフィーリングなど、より自然さが求められる」とし、そこは、ターボモデルも同様で、「ターボらしくない自然なフィーリングだ」と語った。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:8月14日(日)12時45分

レスポンス