ここから本文です

「VIXX」、単独コンサートで新曲パフォーマンスを初披露

WoW!Korea 8月14日(日)23時10分配信

 「VIXX」が13日と14日、単独コンサートを開催。特に、この公演で、最近リリースされたシングル「Hades」のタイトル曲「Fantasy」と収録曲「Love Me Do」を披露する予定なので、さらに関心を集めている。

VIXXのプロフィールと写真

「Fantasy」の振り付けは、世界的な振付師のキオニ&マリエル・マドリッド(Keone&Mariel Madrid)が参加。洗練された動きとビートを生かしたパフォーマンスの構成で、最高のステージを予告した。

「Love Me Do」の練習風景として公開された写真でも、ダンスに集中する姿を見せている。単独コンサートを前に公開された練習風景の写真に、ファンはこの振り付けへの関心を見せ、ステージ上でのパフォーマンスに期待を示している。

「VIXX」は3度目の単独コンサートで、今月12日にリリースした年間プロジェクト「VIXX 2016 CONCEPTION」の2作目であり、6枚目のシングル「Hades」の収録曲パフォーマンスを観客に初披露するファンサービスを準備中だ。

「Hades」でカムバックしたVIXXは13日に続き、14日、ソウル・オリンピック公園体操競技場で3度目の単独コンサート「VIXX LIVE FANTASIA ELYSIUM」を開催する。

最終更新:8月14日(日)23時10分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。