ここから本文です

【特別映像】村川絵梨、安藤政信と白昼堂々の熱い抱擁「逢いたかった…」 『花芯』

cinemacafe.net 8月14日(日)15時30分配信

1957年の発表当時、「子宮作家」のレッテルを張られた瀬戸内寂聴原作の同名小説を、約60年の時を経て初めて映画化した『花芯』。本作から、村川絵梨演じる主人公の園子が、安藤政信演じる“想い人”と、白昼堂々、禁断の逢引きをする本編映像がシネマカフェに到着した。

【画像】体当たりの演技をみせる村川絵梨

親の決めた許嫁(林遣都)に愛を持てぬまま結婚した主人公・園子が、夫の上司・越智に恋心を抱いたことで、次第に愛欲に目覚めていく物語。NHK連続テレビ小説「風のハルカ」やTBSドラマ「ROOKIES」などに出演してきた村川さんが、これまでのイメージを払拭するかのように、世間の常識に背を向けながら子宮の命ずるまま生きる道を選ぶ難役を体当たりで演じ切り、原作者の寂聴さんからも絶賛を受けている。

そんな中、到着したのは、園子と越智が、軒先で禁断の逢引きをするシーン。「逢いたかった…」と、お互いを激しく求めるかのように抱き合う園子と越智。周囲はこの不貞の恋に気づき、妨げようとしているが、その障壁を乗り越えた禁断の逢瀬に燃え上がる2人。越智は園子の顎を持ち上げ、口づけを交わそうとするも、すんでのところで踏みとどまる園子。「もう行かなくちゃ…あの人が帰ってくる…」と、夫のいない、ほんのわずかな時間に愛を確かめ合った2人は、その後の再会を固く誓い合うのだ。


村川さんは、安藤さんとの共演シーンについて、「2人が初めて結ばれるシーンを演じたときに心が通いあった感じがあり、安藤さんが持っている緊張感みたいなものに私も刺激されて、我を忘れていました。とても引っ張ってもらいました」と語り、安藤さんにリードしてもらいながら、2人にとって大切なシーンを作り上げていったことを明かす。

一方の安藤さんも、「彼女に対する触れ方とか、肌と肌が触れるシーンは、大事なシーンなので、本当に大切にしました」と非常に丁寧に演じていたと語り、「やはり越智は、園子を見ているうちに惹かれていき、撮影が進行していくにつれ、実際に僕自身もリアルに園子に惹かれていることに気が付きました」と、安藤さん自身もまた園子という女性に惹かれていったことを告白する。

村川さん、安藤さん共に体当たりで挑んだ本作。果たして、再会を約束した2人の愛はどんな結末を迎えるのか、気にならずにいられない。

『花芯』はテアトル新宿ほか全国にて公開中。

最終更新:8月14日(日)15時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。