ここから本文です

KAT-TUN中丸、先輩SMAPの解散に「いい方向に進むように願うしかない」

シネマトゥデイ 8月14日(日)9時44分配信

 国民的アイドルグループSMAPの解散の件について、同じ事務所に所属しているKAT-TUNの中丸雄一が、14日に生放送された情報番組「シューイチ」(日本テレビ)内で、「この件については本当にうわさも多くて、とはいえ冷静に動向を注視していたのですけれども、昨日の夜に知って、本当に困惑していますね」と率直な思いを明かした。

 中丸が所属しているグループKAT-TUNも、メンバーの脱退や充電期間などを経験しているグループ。それだけに思うところがあるようで、中丸は「内容は知らないですけれども、その決断にいたるまで、相当な話し合いを重ねたと思うんですよ」とコメント。続けて「その決断というものはのみ込みづらいですけれども、尊重する気持ちをもって、今後決まった以上は、ソロ活動でみなさんいい方向に進むように願うしかない」と語っていた。さらに男性グループの一つのスタイルを提示した先駆者だと言うと、「少なからず同じ事務所の後輩は絶対に影響を受けている」と明かす。

 しかし一方で、「SMAP」のグループは解散するが、メンバーは全員同事務所に残ることに触れると、「自分と照らし合わせると、KAT-TUNは外に行っているので今後交わるということはとっても難しいことだと思うんですけれども、一つのコミュニティーといいますか、つながりがあるのは個人的な意見ですけれどもよかったと思います」と述べていた。

 SMAPは2016年12月31日に解散するとジャニーズ事務所が発表している。(濱島裕)

最終更新:8月14日(日)9時44分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。