ここから本文です

でんぱ組.inc×氣志團、綾小路翔の“故郷”盛岡でサプライズ連発

音楽ナタリー 8月14日(日)11時8分配信

でんぱ組.incの対バンツアー「はやぶさかがやきツアー2016」の盛岡公演が、8月12日に岩手・盛岡市民文化ホールにて行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ツアー後半戦、8公演目の今回はゲストとして氣志團が出演した。ライブのオープニングでは「ツッパリ High School Musical(登場編)」を映像付きで披露し、双方のファンを大いに沸かせる。続く「喧嘩上等」ではオーディエンスがペンライトを氣志團メンバーそれぞれのメンバーカラーで光らせ、一体感を上昇させた。3曲目では早くも「One Night Carnival」を演奏。落ちサビでは観客全員が大合唱を繰り広げ、綾小路翔(Vo)は感極まった様子で客席を見渡していた。

MCで綾小路は自分の両親が岩手県遠野市出身であることを明かし、「俺にとってはここは故郷です。お盆に帰って来れてとてもうれしい! 最新型の氣志團を見せていきます!」と語る。が、そこへ個性的なリメイクを施した学ラン姿の5人が登場。氣志團のバックダンサーである微熱DANJIの3人と野呂拓哉、川上勇喜は「ダサいんすよ!」と彼らのパフォーマンスに因縁を付ける。星屑輝矢(微熱DANJI)扮する長宗我部龍三は「俺たちが最新型の氣志團、三代目氣志團だ!」と宣言し、綾小路に勝負を挑んだ。

そんな彼らは「One Night Carnival」をEDM調にアレンジしたナンバー「C.A.R.N.I.V.A.L.」を華麗なダンスとともに披露し、オーディエンスを笑わせる。さらに氣志團が演奏する楽曲を、“三代目氣志團”が昨今のさまざまな大ヒット曲を思わせるアレンジでパフォーマンスしていくという形で、場内の感嘆と爆笑を誘った。氣志團が「BOYS BRAVO!」を演奏したあとは、三代目がレゲエ調のアレンジに乗せてタオルを激しく振り回す「男魂歌」で返す。曲中、綾小路と長宗我部は「俺実は嫌いだった オマエが」と歌いながら意気投合した様子を見せた。

和解状態となった2組は「俺たちで四代目氣志團を組みましょう!」と盛り上がり、綾小路も「これなら世界を狙えるかもしれない。やるか、四代目氣志團!」と乗り気に。そんな彼らが世界を狙うべく披露した曲は、「One Night Carnival」をでんぱ組.incの「Future Diver」風にアレンジした「One Night Diver」。「Future Diver」の雰囲気をそのまま活かしたサウンドと振り付けに、双方のファンは大興奮に陥った。

四代目氣志團の結成に向けて大いに盛り上がるものの、長宗我部は「絶対にリーゼントにしなければいけない」という氣志團の結成時の誓いを守れないと悲しげに話し、自身のロングヘアが薄毛を隠すカツラだったことを告白。四代目の結成が見送られるというオチを付けつつ、最後は「ツッパリ High School Musical(出発編)」で締めくくられた。

続いて登場したでんぱ組.incは、会場の隅々まで大きく手を振りながらステージにスタンバイ。「破!to the Future」で氣志團に負けじとキレのある動きで場内の熱気を高めていく。「NEO JAPONISM」ではステージ全体を使いながら激しく踊り、オーディエンスをさらに盛り上げた。MCでメンバーは「氣志團さん、すごかったねー!」と振り返る。夢眠ねむは「『One Night Diver』ってリハーサルでやらなかったんですよ! あんなに作り込んだことしてるから、絶対リハしたかったはずなのに……(笑)」と、この曲が氣志團からのサプライズだったことを告白。彼らのサービス精神に驚いた様子を見せていた。

その後は「Kiss+kissでおわらない」「おつかれサマー!」など、夏を歌ったナンバーをメドレー形式で披露。6人の魅力をさまざまな形で伝えた。「ユメ射す明日へ」では6人がステージ前方に並び、それぞれの思いを込めた丁寧な歌声を届けた。続くMCではこの対バンツアーが後半に差しかかったことに触れ、相沢梨紗が「後半戦だから衣装も壊れたよ……(笑)」と、自身の衣装にあしらったSLの煙突部分が外れてしまったことを嘆く。その後、6人はゲストに迎えた氣志團について「綾小路さんの番組に呼んでもらってから、お兄さんのように思ってます」(夢眠)、「今後も子分としてやっていきたいです」(古川未鈴)と、それぞれのリスペクトの思いを明かした。

「Future Diver」「ちゅるりちゅるりら」などアッパーチューンで後半を盛り上げたあと、いよいよ最後の楽曲へ。ラストに披露されたのは、テレビアニメ「ひみつのアッコちゃん」主題歌のカバーである「すきすきソング」。6人がアグレッシブな振り付けで踊る中、曲の後半では氣志團の5人がメンバーカラーのハッピに身を包み、ペンライトを手にして登場し会場を沸かせる。そのまま11人が一体となってのパフォーマンスで、曲が締めくくられた。

氣志團のハッピ姿での登場に、でんぱ組.incの6人は「これも知らなかったです!」と驚いた様子を見せる。綾小路は「今日はいろいろやりましたけど、全部『One Night Diver』がやりたいだけの壮大な前フリです!(笑)」と告白。さらに「あれは2分半が限界(笑)。あのBPMであれだけ踊れるなんて、でんぱ組.incちゃんは本当にすごいです、勉強させてもらいました」と、彼女たちのバイタリティに賛辞を送り、これを受けた夢眠は「愛情を感じました! ありがとうございます」と、彼らに改めて感謝を述べた。

氣志團を送り出したあと、6人がバックバンドのでんでんバンドを紹介すると、バンドメンバーは「One Night Carnival」のメロディを演奏。6人は驚いた様子で「これも聞いてない!」「今日はみんな内緒でいろんなことやってる!」と、サプライズ続きのステージに笑顔を浮かべていた。

このツアーの次回公演は8月18日に開催。ゲストにT.M.Revolutionを迎え、石川・本田の森ホールで行われる。

でんぱ組.inc「はやぶさかがやきツアー2016」
2016年8月18日(木)石川県 本多の森ホール<出演者>でんぱ組.inc / T.M.Revolution2016年8月24日(水)埼玉県 大宮ソニックシティ 大ホール<出演者>でんぱ組.inc / NICO Touches the Walls2016年8月25日(木)東京都 Zepp Tokyo<出演者>でんぱ組.inc / Fear, and Loathing in Las Vegas

でんぱ組.inc「はやぶさかがやきツアー2016」番外編
2016年9月8日(木)東京都 TSUTAYA O-EAST<出演者>でんぱ組.inc / Wienners

最終更新:8月14日(日)11時8分

音楽ナタリー