ここから本文です

高江強行の政府に識者ら抗議声明へ 宮本憲一氏呼び掛け

琉球新報 8月14日(日)5時2分配信

 宮本憲一大阪市立大学名誉教授ら全国の著名な識者が10月までに、米軍北部訓練場のヘリパッド建設などを強行する政府に抗議する声明を発表する方向で調整していることが13日、分かった。米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、政府が県を提訴したことについても抗議する。ノーベル文学賞作家の大江健三郎氏らの賛同も得たい考えで、声明がまとまればインターネットで公開し、賛同署名を募る。

 日本環境会議の名誉理事長を務める宮本氏が13日、10月に沖縄で開く同会議沖縄大会の実行委員会で明らかにした。宮本氏らが昨年発表した、新基地建設の即時中止を求める緊急声明と同じ枠組みで、高江の現状も踏まえた声明をまとめたい考えだ。(宮城隆尋)

琉球新報社

最終更新:8月14日(日)9時50分

琉球新報