ここから本文です

毎日のコーヒーがお得に!手軽に買えるカフェの株主優待5選

ZUU online 8月14日(日)9時10分配信

毎日仕事に忙しいワーキングウーマン・サラリーマンの皆さん。日々のランチや外回り中のお茶代など節約をしていても1か月で見ると結構な額を使っている……なんてことはありませんか?

特に都心部ですと、ランチ代だけで1回1000円近い金額がほとんどでなかなか節約も難しいのが現状ですよね。

仕事で外回りをされている方は、時間調整や休憩のためにカフェに入るなんてことも多いですよね。ところが、そのカフェも1杯が結構高い。

そんな時、便利に使えるのが「カフェを運営している会社の株主優待」です。

■株主優待とは

まずは、株主優待とは何なのかご説明しましょう。

これは、会社が発行している株を買った株主に会社側が提供している物品やサービス品です。簡単に言えば、株を買ってくれた方へのお礼です。例えば、飲食店や旅行会社であれば割引券、食品メーカーであれば自社製品、化粧品会社であれば美容グッズなどです。

株を持っていれば必ずもらえるわけではなく、会社が指定する株数を保有していることが条件ですが、数万円~数十万円と金額の幅は様々なので、よく行く飲食店の株主優待を調べて資産運用も兼ねて投資をしてみるのはいかがでしょうか。

■10万円以下で優待をもらえる企業

10万円以下の少ない金額から始められる会社をご紹介します。

※掲載している株価は2015年7月15日現在のものです

◆銀座ルノアール <9853>

関東地区に拠点を置いている喫茶店です。ご存知の方もおおいはず。現在一株840円。100株以上保有で株主優待がもらえます。100株で1000円分の割引券・500株以上で5000円分の割引券です。1年に一回の配布ですが、始めやすい金額ですね。

企業規模としては、小さめですが財務の健全性は高いので安心して投資が出来ると言えるかもしれません。

カフェではありませんが、

カラオケボックスやネットカフェを展開する鉄人化計画 <2404> (現在値412円)、カラオケのシダックス <4837> (現在値473円)の2社も10万円以下で購入することが出来ます。

シダックスでは、カラオケ割引券・鉄人化計画では自社グループ飲食金券がもらえます。外回りの休憩にランチがてらカラオケや漫画喫茶に入る方も多いですよね。要チェックです!

■20万円以下で優待をもらえる企業

20万円以下、便利に使える株主優待です。

◆ダスキン <4665>

皆さんご存知のミスタードーナツを運営している会社です。1株の価格が1800円ほどで、100株以上の保有で優待がもらえます。少し金額が大きいですが、年に2回、優待を受け取ることが出来ます。

ミスタードーナツと言えば、コーヒーお代わり自由!ちょっとの休憩にはとても重宝する存在ですよね。

◆ドトール <3087>

こちらも、よく目にするカフェですね。1株1800円ほどで、100株以上で優待をもらえます。こちらは、年に1回、優待を受け取ることが出来ます。割引券ではなく、ポイント形式ですので他とは少し違う優待の形ですね。

カフェではありませんが、すかいらーく <3197> グループの店舗は全国に沢山の系列店がありますので、ランチの時に利用することが出来ます。現在1株1200円ほどです。100株以上で年に2回、優待をもらう事ができます。

■30万円以下で買える企業は…お得がいっぱい!

30万円と聞くとちょっと初心者にはハードルが高いように思われるかもしれません。でも、お得な株主優待ばかりです。

◆サンマルクカフェ <3395>

現在1株3100円ほど。100株の保有で優待カードがもらえます。1年間有効で、20%も割引してくれるカードです。何回も使えるところが最大の利点です! カフェは平日だけではなく、休日にも利用することが多いと思います。

購入金額は少し高めですが、年間通して使えるこの優待は非常にお得と言えるでしょう。

◆マクドナルド <2702>

こちらも、よくご存じのファストフード店です。気軽に立ち寄れて、コーヒーなど格安で提供しているところがとても助かりますよね。現在1株2980円ほどで、一時株価下落はあったものの、あい変わらず人気は健在です。

100株以上の保有で優待を受け取ることが出来ます。マクドナルドは割引券ではなく、無料券を配布しているのが特徴です。

ファストフードでは、ほかにもケンタッキーやモスなども保有株に応じた優待を配布していますので、チェックしてみてください。

■毎日が少しお得に過ごせそう

以上、カフェ関連銘柄に絡めた株主優待をご紹介してきました。全国には、ほかにも沢山のカフェ・飲食店があります。飲食店運営の会社ではなくても優待として「飲食割引券」や「金券」などを提供している会社もあります。

株主優待のよさは、毎日がちょっとお得になるだけでなく、自分も「企業の一部」になることで、その企業の業績向上を自分ごとのように喜ぶことができるようになったりして、日常がちょっぴり豊かになるところにもあります。

「毎日のことだから少しでも節約したい!」と思うワーキングウーマンの皆さん。資産運用しつつ、お得に生活してみてはいかがでしょう。

まりん
新卒で大手証券会社に総合職として入社。資産相談を始め投資家向けセミナーの企画運営を担当。4年勤務後、航空会社へ転職しCAとして乗務。現在は1児の母として育児奮闘中。資産運用アドバイスや証券基礎知識等を分かりやすく説明することを得意としている。

(提供:DAILY ANDS)

最終更新:8月14日(日)9時10分

ZUU online

チャート

鉄人化計画2404
400円、前日比+1円 - 9月27日 11時30分

チャート

シダックス4837
417円、前日比-1円 - 9月27日 11時30分

チャート

ダスキン4665
1929円、前日比-9円 - 9月27日 11時30分