ここから本文です

イーサン・ホーク、“ジャズ界のジェームズ・ディーン”を熱演!『ブルーに生まれついて』

cinemacafe.net 8月14日(日)17時15分配信

『6才のボクが、大人になるまで。』で2度目のアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、監督したドキュメンタリー映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』の日本公開も控えるイーサン・ホーク。彼が、“ジャズ界のジェームズ・ディーン”といわれたチェット・ベイカーを演じた『ブルーに生まれついて』から、ブルーが印象な場面写真とコメントが到着した。

【画像】主演のイーサン・ホーク

50年代のウエストコースト・ジャズシーンを代表するチェット・ベイカー。黒人アーティストが主流のモダン・ジャズ界において、あのマイルス・デイヴィスをも凌ぐ人気を誇るといわれたトランペッターにして、シンガー。甘いマスクとソフトな声で多くのファンを魅了したが、麻薬に身を滅ぼし、過酷な日々を送っていた…。

本作は、1人の天才ミュージシャンの転落と苦悩を描くとともに、ある女性との出会いによって再生する姿を描いたラブストーリー。主演のイーサンは、6か月に及ぶトランペットの集中トレーニングを受け、歌声も披露。早くも「アカデミー賞主演男優賞にノミネートされるのでは?」と批評家が絶賛するほどの迫力の熱演を見せている。

このたび到着したのは、本作の2枚の劇中写真。イーサン演じるチェット・ベイカーが、フォーマルな黒いスーツにオールバックで、しっとりとムーディーな空気を醸し歌う姿と、オープンカラーのシャツをセクシーに着こなし、トランペットのトレーニングに打ち込む姿の対照的なカットだ。どちらの写真も、円熟期に入ったイーサンの横顔が、渋い大人の香りを漂わせている。

イーサンは、没後約30年たったいまもなお、新たなファンを獲得し続ける悲劇の天才を演じるにあたり、「僕が表現したかったのは、“悪い”仮面の下に隠された人間の姿だ。チェット・ベイカーに対する愛情が感じられなければ、彼を演じたりしない。もちろん修正を加えて美化したくもない。彼はたくさんの問題を抱えた人間だった。僕はそういう人物を、愛情を持って演じたかったんだ」とコメント。チェット・ベイカーの人間としての弱さや美点を知ったうえで、愛情を持って役を表現したことを明かしてくれた。

渋さ極まるイーサンが愛情を込めて演じるモダン・ジャズ界のスターに、我々はほれぼれするに違いない。

『ブルーに生まれついて』は11月26日(土)よりBunkamura ル・シネマ、角川シネマ新宿ほか全国にて公開。

最終更新:8月14日(日)17時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。