ここから本文です

熊本出身の笠りつ子が今季初V!震災から4ヶ月、やっと「良い報告ができる」

ゴルフ情報ALBA.Net 8月14日(日)16時8分配信

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇14日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,614ヤード ・パー72)>

笑顔がとってもキュート!な笠りつ子の特選フォトギャラリー

 熊本県に未曾有の被害をもたらした震災から4ヶ月がたった8月14日(日)、同県出身の笠りつ子が「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で今季初優勝を挙げた。

 6位タイから出た笠は好調のショットを武器に前半で3つのバーディを奪取。折り返しても11番で5mを決めると、続く12番では左ラフ15ヤードからふわりと浮かせてチップインバーディを奪い首位に浮上。さらにボギーを挟んで16番、17番でも連続バーディを奪い、2打差をつけてをホールアウト。2位で最終組でラウンドする佐伯三貴が18番でセカンドショットを決められなかった瞬間、勝利が確定した。

 ここまで悔しさとの戦いだった。熊本地震直後の「フジサンケイレディス」は首位で最終日を迎えるも大山志保に逆転を許し2位フィニッシュ。6月の「アース・モンダミンカップ」では、去年のイーグル賞に続きベストスコア賞を獲得して表彰式に出席、2年連続でイ・ボミ(韓国)が優勝プレートを受け取る姿を見守った。「ボミは良い選手。だけど日本人として絶対に負けてられない」。歯がゆい思いで勝者を見つめていた。

 ここまで未勝利ながら、賞金ランクは日本人最上位。調子は良いだけに、自分への期待はどんどん大きくなる。それでも勝てない空回りの日々。苦しい時間が続いた。そこで、メンタルトレーナーと相談し、今週からプレー中の気合いの矛先を、これまでの“勝ちたい”から“ベストを尽くす”ことに転換。「周りに関係なく、とにかく自分のゴルフをしよう」。だから今日はあえてボードを見ずにプレーした。結果、自分の順位を分かったのはアテストの直前。まさか自分がトップにいるとは思いもしていなかったという。

 故郷は今年、地震に加えて豪雨で大きな被害を受けた。自身の母親も2ヶ月間車での生活を強いられ、実家の自分の部屋は大雨により屋根が崩れてきた。それだけに熊本出身の選手が優勝するのは大いに励みとなるだろう。笠も「今は自分に集中しているし、熊本の人たちは強いからみんな前を向いている」としながらも、「良い報告ができるのは嬉しい」と笑顔を見せた。

 次なるターゲットは「1億円稼ぐ」こと。「その額に行くには1回優勝したくらいではダメ。稼ぐために何をしないといけないかもう一度考えてしっかりとやっていきたい」。反骨精神の強い“肥後もっこす”、受けた悔しさはたった1回勝ったくらいでは晴れないようだ。

(撮影:米山聡明)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月14日(日)16時19分

ゴルフ情報ALBA.Net